古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

政府が決めた基準は「がまん値」でしかない!~「放射能御汚染と食の安全」の講演会に行ってきました!

 5月25日 金曜日。
 今日はNPO法人堆肥化推進協会主催の「放射能御汚染と食の安全」と題した講演会に行ってきました。
 講師は、食政策センター・ビジョン21代表、埼玉大学非常勤講師の安田節子さん。
IMG_0697.jpg
「汚染された食品は飲食してはいけない」
  そもそも放射線の影響はこれ以下なら大丈夫というしきい値がないというのが定説です。だから放射能に汚染された食品は原則として出荷販売されてはいけないし、これを飲食してはいけない。

「暫定規制値は安全基準でなく『がまん値』」
  そもそもしきい値がないというのですから、安全基準であるはずがない。乳幼児の食品が50ベクレルなんて言うものを見ると、子どもを守ろうとする意思が政府にあるのかと思います。少なくとも、乳幼児の食品は0ベクレルを目指すべき。

「汚染物質は希釈・拡散してはいけない」
  ドイツ放射線防護協会は2011年2月に日本政府に対して「放射線汚染された食品やゴミを汚染されていないものと混ぜて『安全である』として通用させることを禁止する国際的な合意がある。日本の官庁は希釈禁止に抵触している」  

「今の政府の規制はずさんだから自衛するためには産地で選ぶしかない」
  私たちは最大限自分たちができることはとにかく「避けられる被爆は最大限避けること」。


 全てを再現することはできませんが、改めて食品の放射能汚染についての現実的な対応方法を整理することができました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<ゴミを持ち去り、命じられても従わなければ罰金 ~横浜市議会に「ごみ持ち去り禁止条例」が提案されます | ホーム | 結婚14年目となりました!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/958-57c390de

まとめtyaiました【政府が決めた基準は「がまん値」でしかない!~「放射能御汚染と食の安全」の講演会に行ってきました!】

 5月25日 金曜日。 今日はNPO法人堆肥化推進協会主催の「放射能御汚染と食の安全」と題した講演会に行ってきました。 講師は、食政策センター・ビジョン21代表、埼玉大学非常勤講師の安田節子さん。「汚染された食品は飲食してはいけない」  そもそも放射線の?...
  1. 2012/05/26(土) 03:11:00 |
  2. まとめwoネタ速neo