古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「可燃物の処理の流れは一応できてきている」 ~大船渡市・陸前高田市の震災ガレキはどうなっているのか 【現場リポート その四】

 震災ガレキ問題での視察の二日目、陸前高田での視察です。
CIMG6444.jpg
 庁舎がすべて水没した陸前高田市は、こういったプレハブの庁舎です。
 そこでは、川崎の日本共産党市会議員団と合流して、議会局長補佐の松田さん(県からの出向)からレクチャー受けました。
CIMG6441.jpg
「がれきの問題では、陸前高田ではお隣に太平洋セメントさんがあって放射能の問題はあるが、一応処理の流れができている。しかし一か所だけに頼るのはリスクが大きい。あとは、不燃物の処理や堆積物の問題が課題として残っている。」
「広域処理の問題は、陸前高田だけがいいとかの問題ではなく、三陸全体で考えなければならない。」
P5150153.jpg
 この後、陸前高田市内のがれき処理の現場視察へ。
 まずは、がれきの仮置き場へ。
CIMG6445.jpg
CIMG6446.jpg
P5150180.jpg
 仮置き場のレベルでも、整然と分別が進んでいる様子。
 二次集積所は、重機がたくさん並んだフェンスに囲まれたところにあります。
P5150212.jpg
 この集積所の管轄は、県で、請け負っている会社は地元業者ではないということです。

 途中、被災の受けた旧庁舎を視察。
CIMG6449.jpg
 庁舎の中まで飛び込んできた車。
CIMG6448.jpg
「捜索終了」と張られた正面玄関。
CIMG6451.jpg
 船が突き抜け、ちょうど船の形に穴の開いた庁舎。
CIMG6453.jpg

 ひどい惨状です。言葉もありません。
 この旧庁舎も来月には解体される予定です。


続く
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<結論「国の言い分は全くの虚構。横浜市はがれきを受け入れる必要はない」  ~大船渡市・陸前高田市の震災ガレキはどうなっているのか 【現場リポート その五】 | ホーム | 「大船渡のがれき撤去は100%終わっている!」~大船渡市・陸前高田市の震災ガレキはどうなっているのか 【現場リポート その三】>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/946-6219cf43