古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「大船渡のがれき撤去は100%終わっている!」~大船渡市・陸前高田市の震災ガレキはどうなっているのか 【現場リポート その三】

 大船渡での震災がれきの視察で最後に立ち寄った先は、岩手県建設業協会の大船渡支部。
CIMG6407.jpg
 事務局長の鈴木さんと懇談。
「うちは49社の加盟社があるうち、あの震災では15社が被害にあい、大変な地震だった。」
「大船渡のがれき撤去は100%終わっている。そのうち処理が終わったのは30%。一日300トンを太平洋セメントで焼却処分をしている。太平洋セメントはもう一基プラントを作ることになっているので、さらに進むのではないか。がれきの分別などの作業には失業対策事業として、失業者を使うことになっていて、地元雇用にも貢献している。」
「国の方針がどう決まったかは知らないが、地元は全く承知しておらず、がれきは地元業者で対応してほしいといわれている。そこには、大手ゼネコンは入っていない。広域処理についても私のレベルでは全く聞いておりません。」
「大船渡の復興について、その妨げになっているのは、都市計画が定まっていないことが問題。例えば、JRが鉄道を通すのかどうかも決まっていない。」
P5140084.jpg

続く
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<「可燃物の処理の流れは一応できてきている」 ~大船渡市・陸前高田市の震災ガレキはどうなっているのか 【現場リポート その四】 | ホーム | 整然とがれき処理が進んでいる、その様子 ~大船渡市・陸前高田市の震災ガレキはどうなっているのか 【現場リポート その二】>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/945-2a123a27