古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「大船渡市は、岩手県の中でもっともがれき処理が進んでいます」 ~大船渡市・陸前高田市の震災ガレキはどうなっているのか 【現場リポート その一】

 5月13~15日の二泊三日で、岩手県の陸前高田市と大船渡市に、震災がれき受け入れ問題での現地視察に行ってきました。
 3月23日付けで国が神奈川県に対して、「岩手県大船渡市と陸前高田市の木くず12万1000トンを広域処理で協力を要請」されています。
 「両市の震災ガレキの処理計画や状況の確認・放射能汚染対策などについての実地調査」
 「がれき処理の遅れが復興の妨げになっているのか」
この2点で現地視察と聞き取りを行ってきました。

 まず大船渡民主商工会にお邪魔しました。
CIMG6364.jpg
 現地の事務局員の方によると「ここ大船渡市は県内でも一番がれき処理が進んでいるところ。地元にある太平洋セメントが復旧して焼却が進んでいる。これからの需要を見込んで別のセメント会社も建設される予定そういう意味では、大船渡のがれき処理はどんどん進んでいる。がれき処理作業では、二次集積所では手で分けていて一定雇用にもつながっている。」
「がれきの問題よりも、復興に向けてネックになっているのは、土地の利用計画が定まっていないこと。高台に自宅を建てようとしても農業振興地域に引っかかったり、この辺は掘れば文化財が出るのでその調査をしなければならない。元あったところに家を建て直した人も、いざ住宅の保険に入ろうとしてもまず損害保険には入れない。こういうものが復興の妨げとなっている。」
「放射能などを拡散させる必要はないと言われればそうだが、大船渡だけの問題ではなくがれきはできるだけ早く片付けたほうがいいと思う。」とのこと。
 懇談を終え、事務所の周りの中で、雨どいの下の線量を測らせてもらうと、
P5140020.jpg
 空間線量はそれほど高いというわけではありませんが、雨どい下では0.961マイクロシーベルト/hと、高い数値。

 大船渡民商の方々と記念撮影して、次の視察先へ。
P5140019.jpg

続く。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<整然とがれき処理が進んでいる、その様子 ~大船渡市・陸前高田市の震災ガレキはどうなっているのか 【現場リポート その二】 | ホーム | 震災ガレキの現場から帰ってきました  ~明日には詳細な陸前高田市・大船渡市の様子を報告します。>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/05/17(木) 11:35:19 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/05/22(火) 09:18:43 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/943-e7f9e681

まとめtyaiました【「大船渡市は、岩手県の中でもっともがれき処理が進んでいます」 ~大船渡市・陸前高田市の震災ガレキはどうなっているのか 【現場リポート その一】】

 5月13~15日の二泊三日で、岩手県の陸前高田市と大船渡市に、震災がれき受け入れ問題での現地視察に行ってきました。 3月23日付けで国が神奈川県に対して、「岩手県大船渡市と陸前高田市の木くず12万1000トンを広域処理で協力を要請」されています。 「...
  1. 2012/05/17(木) 04:21:51 |
  2. まとめwoネタ速neo