古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

50年以上の歴史を継承して新しい「うしおだ診療所」が5/7オープンします ~新診療所のその全貌を写真で掲載

 私が前に働いていた職場である、下野谷にある汐田診療所。いよいよ新築移転で5月7日のオープンします。それに先立って、今日は内覧会に行ってきました。
CIMG6173.jpg
 住所は、鶴見区本町通1-16-1で、鶴見駅から来ると国道を渡って潮見橋を渡って、本町通り商店街の手前を右に入ってすぐのところにあります。
CIMG6150.jpg
CIMG6151.jpg
 ガラス張りの綺麗な建物です。
 今、連続して内覧会が行われています。
CIMG6153.jpg
 CIMG6155.jpg
内科系外科系はもちろんのこと、精神科や歯科まで診ることができる大型の診療所です。
CIMG6158.jpg
そして、入口には、無料定額診療事業の説明が書かれています。
CIMG6157.jpg
 これは、経済的に困難な方に対して、医療機関の判断基準で、窓口負担金の減免などが行えるものです。
ぜひ、お困りの方は、ご相談ください。
 1階の診察室は、7つ。
CIMG6160.jpg
 2階の歯科では、個室のような作りの診察部屋が並んでいます。
CIMG6162.jpg
 3階には、通所リハビリや
CIMG6164.jpg
菜の花デイケア(市内で唯一の医療保険対応の認知症デイケア)や
CIMG6165.jpg
精神科デイケア
CIMG6169.jpg
など、通所系の施設が充実しています。
 これは、事務長の高橋さん。
CIMG6172.jpg
ここまでが、新「うしおだ診療所」の様子。

 そして、これは現在の汐田診療所で、建物の一番古い部分は、1958年ですから、築50年以上。
CIMG6174.jpg
 私が1995年に病院に就職したときは、ここが病院機能をもっていました。
 そして、はじめて管理者となったのも、この建物で「汐田診療所」でした。その頃は、誰よりも早く診療所に行って、朝から並んでくれている患者さんを前に、玄関を開ける役割をやっていました。大雨の時期になると、いつも建物の継ぎ目から雨漏りがして、建物の中でも傘をささなければいけなくなるようなときのことも、懐かしい思い出です。
 もうすぐ役割を終える汐田診療所の入口には、新しい診療所に期待する地域の方々の声が張り出されていました。
CIMG6175.jpg

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<久々の放射線量測定の依頼が学童からあり、現場へ急行!!  ~引き続き鶴見区内どこでも放射線量測定に伺います | ホーム | 新ポスター「若者の力がこの国を変える  原発ゼロに!まともな仕事を!」 ~鶴見駅での定例宣伝の様子>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/920-9405a782