古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

自分たちの身を切らない政党が、また助成金を受取り続けています ~政党助成金の配分が決まってしまいました

 昨日のしんぶん赤旗の記事です。
 こういうお金を削ることが、文字どおり「身を削る」ことではないでしょうか?


2012年4月7日(土)

政党助成金配分を決定
民主165億、自民101億


 総務省は6日、政党助成法に基づく2012年分の政党助成金の各政党への配分額を決定しました(表参照)。政党助成金の原資は国民1人あたり250円の税金で、年総額は前年より7233万円増の320億1433万円となります。

 「身を切る」と叫びながら政党助成金は「聖域」扱いし、消費税増税や復興増税などを平然と押し付ける政党の姿勢が問われます。地方議会では、「政党助成金を廃止して、東日本大震災被災者支援に使うことを求める意見書」(埼玉県美里町議会、3月21日)などが可決されています。

 12年分配分では、民主、自民両党だけで総額の83%を占め、分裂騒動が続く国民新党にも4億円以上が交付されます。民主党離党議員が昨年末に結成した「新党きづな」、民主党離党議員を含め国会議員5人となり初の支給対象となった「新党大地・真民主」にも交付されます。

 日本共産党は、支持政党にかかわらず、国民の税金を各党に山分けする政党助成金が国民の思想・信条の自由を侵し、政党の堕落をもたらすとして、一貫して廃止を主張。受け取りを拒否しています。
2012040702_01_1.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<福井の大飯原発の再稼働には、絶対反対!! ~一般5紙としんぶん赤旗の報道の違い | ホーム | 古谷やすひこ議員が予算反対討論「市民のいのち・くらし・福祉最優先の予算に」 ~今週のニュース>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/902-2d69d761