古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「放射能、放射能とギャーギャー騒いでいる人はわかっていないんだ」という担任の”お言葉” ~「横浜教職員の会」主催の放射線副読本の勉強会に参加します

 3月14日 水曜日。晴れ。
 いよいよ、放射能副読本が来月から全ての市立小学生・中学生・高校生に配布されようとしています。
 そんな中、先日横浜市に対してもこの問題で申し入れをした「横浜教職員の会」の方のビラを頂きました。
 全国に先駆けて副読本を先取りしたリーフレットを作成しての、子どもたちの感想や各学校での対応の様子など、よく出来たビラです。具体事例は出せないですが、担任野先生が「放射能、放射能とギャーギャー騒いでいる人はわかっていないんだ」という言葉を発した方もいらっしゃったとも聞いています。
SCAN0115.jpg
 副読本による授業は足りないことだらけで、大事なことを書いていない。
 なぜ今の福島の現実を何も書いていないのか。福島の子どもたちは、なぜ友達と離れ離れにならなくてはいけないのか。それは、危険なものから遠ざかっているから。これこそ安全教育ではないでしょうか。今起きていることをしっかり伝えることこそ、横浜市の教育委員会が率先してやるべきことです。
 そういう意味では、リーフレットや副読本で書いてあるような放射線教育ではなく原発事故そのものを教えていないことが最大の欠陥。

 そこで、「横浜教職員の会」で3月20日の祭日の朝に、下記企画を行うそうです。私も、参加しますとさっきお電話しました。勉強させていただきます。
 どなたでも参加できます。子どもたちに放射線安全神話を振りまく副読本に反対の方、ぜひおいでください。
レジュメ320_docx-1_01

 

 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<【情報提供】横浜市がガレキ受け入れの事実上の意思表明をしています。 | ホーム | しんぶん赤旗で鶴見で行われた「なくそう原発!パレード」の記事が掲載されました!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/877-08ffaa2d