古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

教科書でしか見たことのないものが、今ここに! ~鶴見区の馬場綿内谷遺跡を視察させていただきました。

 2月27日 月曜日。晴れ。
 今日は、鶴見区の馬場7丁目に見つかった「馬場綿内谷遺跡」の視察に伺いました。
 横浜環状北線の建設工事に伴い、遺跡が見つかったものです。
 公益法人かながわ考古学財団の方から、詳しい、そして熱のこもった説明がありました。
CIMG5807.jpg
 今回見つかったのは、江戸時代の道の跡、平安時代のお墓(約1100年前)、古墳時代の集落跡(約1300年前)、縄文時代の集落跡(約6000年前)などが見つかり、土器や石器なども沢山見つかっています。
 これは縄文時代とみられる黒曜石でできた石斧や石皿です。
CIMG5806.jpg
 なかでも、教科書の中でしか見たことのない鏃(ヤジリ)もあり、今でも鋭さを保っているそうです。
CIMG5812.jpg
 縄文式土器のかけらや
CIMG5809.jpg
 用途の違う、土器の数々、
CIMG5811.jpg
CIMG5808.jpg
 貴重な遺物をみせていただきました。
 私たちの身の回りにも、古代へとつながるものが埋まっていると思うと、改めて歴史の中で生きている今の時代を感じることができます。
 みなさん知っていますか?一定の発掘調査が終われば、それらの遺跡はどうなるのか?
 尋ねてみると、出土した遺物は、県の施設で保管されます。また記録集も作成されます。しかし、集落跡やお墓の跡などは、今回の場合、そのまま埋め戻されるそうです。せっかく見つかったのだから、もっといつでも見にこれるようにするということは、そのままの状態を維持することは非常に難しいとのこと。

 帰りの道路沿いからも、発掘作業を見ることができました。
CIMG5814.jpg

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<6.85μシーベルト/hの瀬谷区の現場対応のその後 | ホーム | 本当に今の横浜市内の小学校は安全なのか? ~ある小学校の教員の方からの放射能汚染についての相談の電話>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/854-64c69de1