古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

一日600人も使っている生活道路をなくさないで! ~「鶴見川水道橋を人道橋として存続を求める会」が発足

 報告です。
 下末吉と矢向1丁目の間を分けている鶴見川にかかる水道橋のよこはま健康友の会主催による説明会が2月2日に、矢向一丁目会館にて行われました。川崎市当局からは3名の参加で、住民の参加者は、43名。
IMGP5224.jpg
 平成27年には撤去されるとの説明に、
「人道橋としても利用され、買い物や通勤、通院、ジョギングなどに1日600人以上が利用している生活道路だ」
「末吉橋と新鶴見橋(約1.5km)との中間地点にあり、鶴見川を渡るのに便利」
「ジョギングや散歩に手頃の距離で利用している」
「川崎市は、横浜市内に水道管を通して、使っているのだから、多少の整備などしてもいいのではないか。」などの意見。
 また川崎市は、鶴見川を所管する国交省からは、水道管を撤去すれば橋をかけていた用途が変わるため、この水道橋は撤去することになるとの説明。

 川崎市の担当者が退席した後、「鶴見川水道橋を人道橋として存続を求める会」との名称で運動を進めることとなりました。広く住民の方々への周知と署名運動の展開、横浜市や川崎市への要望書の提出など、取り組みを強めることとなりました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<住民の合意を粘り強くすすめていく、その現場 ~第三回目「(仮称)二ツ池公園基本計画 意見交換会」が行われました! | ホーム | 2月4日付けのしんぶん赤旗の首都圏版に、昨日の神奈川県後期高齢者医療広域連合議会での保険料の値上げの記事が掲載されました。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/822-9614c01f