古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

豪華なホテルで開催した議会で高齢者の保険料の値上げが決まる!? ~神奈川県の後期高齢者医療の保険料は、4836円もの値上げ

 2月3日金曜日。晴れ。
 今日は、平成24年度神奈川県後期高齢者医療広域連合議会第一回定例会が行われました。この日の議会で、今年の4月からの後期高齢者医療の保険料の値上げ提案などが議論されます。
 県内自治体の中から、20人が議員として選出され参加しています。日本共産党では、私と川崎市議の井口さんが選出されています。
 今までの平均保険料85724円から、9万円超の90560円と4836円もの値上げの提案です。
 会場は、いつも桜木町にある豪華なホテルでの開催です。
18109.jpg
 年に二回の議会開催で、会場費で45万円もの経費がかかります。「なぜ県の施設など公共施設を使わないのか」といつも疑問で今回も討論で訴えています。
 私は、一般質問と広域計画に対する反対討論、陳情への賛成討論を行いました。以下、陳情への賛成討論を載せます。
  私は、神奈川県社会保障推進協議会より出された、陳情第一号「次期保険料の引き下げと高齢者に医療受給を十分に保証する措置を求める陳情書」について、賛成し討論を行います。
 保険料の問題では、今回も東京に次ぐ高額な保険料引き上げとなっています。しかし、確かに東京は高い保険料となりましたが、先程井口委員からもあったように、東京都では、これまでの積立分だけでなく、これから2年間安定化基金に積み立てる分も保険料上昇の抑制のために使うような努力をしています。それに比べれば、当広域連合では、今までに積み立てた60億円のうち40億円だけを使って、おしまいです。これでは努力が足りないと思います。もっと、高齢者の生活の実態に思いを馳せるべきではないでしょうか。
 今、各区市町村でもそうだと思いますが、介護保険も保険料改定の検討がされており、これも引き上げられるような状況が生まれております。また、国では税と社会保障の改革で消費税の増税も議論される状況にあります。高齢者の財布は1つしかないわけで、すべて値上げでは、高齢者の生活は成り立ちません。よって、保険料の引き上げではなく引き下げを行うべくあらゆる努力を行うことを求めます。そしてそのための滞納者を生まない、誰もが払える保険料とするために、保険料の減免対象を拡充することを求めます。
 また本陳情の趣旨にもあるように、「どんな高齢者も医療から排除されることがあってはなりません」。ですから、正規の保険証を取り上げる短期証や資格証の交付は行わないこと、そして次年度に更新時期が訪れる保険証の一斉更新時期には、有効期限を現行通り4年とすることを求めます。
 よって、陳情者の趣旨に沿って、採択することをよびかけます。
 結論を言えば、淡々と議事は進行し、結局原案通り決まってしまいました。
 しかし、これだけの値上げを一言も発言しないまま、賛成してしまうのは、いかがなものでしょうか?私と井口さんと民主党ではお一人、公明党でお一人発言した以外は、議会では全く発言しなかった16名の議員は、ただ黙って連合長の提案に賛成しています。
 


 
  
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<我が家の節分 | ホーム | 汚染牛肉を給食で食べた可能性のある子供は、じつに18万人にも及んでいた!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/819-64d02ca5