古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

たかだか、これだけの情報で「問題なし」と宣言するのは、余りにも拙速です。 ~環境省が日光修学旅行での線量を発表

 日光への視察の報告を受けて、ブログで視察報告を行なったところ、メールでもツイッターでもコメントがいくつか寄せられています。その一つに、
「1月21日朝日新聞37面によれば、環境省は『線量影響なし』とのこと。この報道を受けて古谷市議の最新のコメン トを開示して下さい。」
とありましたので、コメントしたいと思います。
SCAN0091.jpg
 私が日光に行って、強く感じたことは、外部被爆に対する多くの日光市の方々の認識の低さ。「国による除染の基準は0.23μシーベルトで、いまの日光市はこれぐらいの線量だ」ということをほとんど認識していません。
 だから、今回のように環境省が安全宣言をして国によるお墨付きをすることで、さらに日光市が外部被爆に対して何も対応しないくなることは、目に見えるようです。
 しかも記事をよく読んでみると、戦場ヶ原や湯ノ湖の日光市の中でも西の方で、もともとスピーディーでみても低い地域ですし、私が戦場ヶ原で測定したときの数値も、たしかに、環境省の発表通りです。ですが問題は、この地域より東の日光市の中心部や、さらに北の方の日光江戸村や東武ワールドスクエアなども、ぜひ環境省で発表したうえで、”安全宣言”を出して欲しいと思います。
 たかだか、これだけの情報で「問題なし」と宣言するのは、余りにも拙速です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<【雨天中止のお知らせ】本日の末吉地域での放射線量測定会は、雨天延期 | ホーム | 2/13 みのもんたの「朝ズバ」などでおなじみの小池あきら(党政策委員長)が鶴見公会堂にやって来ます!!>>

コメント

こんばんは…

私も1971生です。
確かに原発NOですね
  1. 2012/01/22(日) 21:33:50 |
  2. URL |
  3. kenji #/qX1gsKM
  4. [ 編集]

無責任

環境省は子供を守る気が無いようですね。
日光市の認識の低さは本当に困ります。
行かされる子供たちも、そこに住む子供たちも、かわいそうです。
低いところを選んで測定して、安全と言いたいだけ。高い所は見ないふり。
しっかり計測して、きちんと除染して、
責任を持ってやって欲しいです。
そうでなければ、皆が不幸です。
いい加減な大人たちには腹が立ちます!!
  1. 2012/01/22(日) 22:23:31 |
  2. URL |
  3. non #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/807-9d3b0d9e