古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

日光への修学旅行について、どうすべきか?  ~修学旅行問題 日光への視察(その五 最後です)

 日光への視察報告の最後になります。

 今回の日光での視察を受けて感じたことは、市の担当者の方も「積極的に対応していきたい」というものの、その対応は、あくまでも「積極的に測定をして、それを公表する」ことにとどまっていること。測定して、基準値より高ければ除染をして、数値を基準値内にするように対応するわけではありません。

 しかし、日光市は12月に国による除染対象地域と指定されたことから、年度内にも除染地域を確定し除染計画を作り実施していくことになります。そうなれば、0.23μシーベルト以上の場所は除染することになります。
 しかしこのテンポではとうてい間に合いません。5月頃には、新6年生の修学旅行シーズンが始まることになりますから。

 どうするか?
 修学旅行ポイントは限られていますから、特別に除染することをまずは求めたいと思います。さらに、旅館やホテルや立ち寄るレストランなどは、食材の産地をホームページなどで公表すること、さらに実際に食べる直前の検査も実施すること。そうして内部被爆と外部被爆の双方をできうる限り下げる努力をすることを求めます。このことはひいては、日光市に住む子どもたちのためにもなるものとも思います。
 こういった対応ができないということであれば、横浜市教育委員会に対して、修学旅行先の変更を求めます。

 ぜひご意見をお寄せください。
 ご意見は、メールにてお願いします。
 y-furu3941@triton.ocn.ne.jp



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<生麦の貝の浜公園に、鶴見区で初めての、津波警報システムの屋外スピーカーが設置されます! | ホーム | 修学旅行で立ち寄る先を実際に測定したその結果は... ~修学旅行問題 日光への視察(その四)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/804-fb79c0cb