古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

日光の放射能から子どもを守る会との懇談 ~修学旅行問題 日光への視察(その三)

 日光への視察報告(その3)です。
 日光市の担当者の方との懇談後、「日光・放射能から子どもを守る会」の大島さんの御自宅へ伺い、お話を聞かせていただきました。

 「いまの日光は非常に危険なところであると思いますよ。全部の小学校を測定して対応していると市側はいうものの、いまだに0.4とか0.5μシーベルトの学校が残っている。一番高かった小百小学校は0.71μシーベルトありましたからね。」
 「私が問題だと思うのは3点。一つは、市の放射能汚染に対する考え方が甘いということ。二つ目には、対策を点で考えるのではなくて、面で考えて欲しいということ。三つ目は、とにかく子供や妊婦さんのことを何よりも優先的に対応して欲しいということ。」
 「今、日光の会は、10数人で活動しています。活動し始めるのが本当に遅かった。市の対応を見ていると、『放射能』という言葉をとにかく使わないようにしている。日光市全体を変えるぐらいの強い気持ちがないと市の対応は変わらないと思う。」
 「市側をチェックする議会側も、危機感を感じている人が居ないのではないかとも思ってしまう。小学校の汚染地域を放置していること自体、必死さがないと思う。極端にいえば、戦争よりも大変な事態になっていると思いますよ。」
 「中から日光市を変えることが難しければ、外圧を使ってでも日光市の対策を変えていきたい。」
などなど。

 心配されている方々が切り離されていて、頑張っている大島さんなども孤軍奮闘されている様子です。
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<修学旅行で立ち寄る先を実際に測定したその結果は... ~修学旅行問題 日光への視察(その四) | ホーム | 0.2、0.3、0.4μシーベルトのところに日光市の子どもたちは生活しているんです ~修学旅行問題 日光への視察(その二)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/802-b290c72f