古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

子供の未来と天秤にかけることは出来るモノは何もありません。 ~「なくそう原発12・3鶴見区パレード」200名超の参加で成功しました!

12月3日 土曜日。大雨のち曇り。
今日は、なくそう原発 12・3鶴見区パレードの日。
先日来降り続いていた雨。今朝も、強く地面をたたきつけていた雨。
パレードが始まるお昼過ぎには奇跡的にやみ、晴れ間まででるほどに、お天気は回復。
参加者は、鶴見駅西口モールで大集合。
CIMG5204.jpg
トランペットの音色で開幕。
CIMG5209.jpg
はじめに、鶴見大学短期学部の後藤仁敏教授が特別報告。
CIMG5201.jpg
最後に、私からも一言挨拶を述べました。
「日本共産党  横浜市会議員の古谷靖彦です。今、市政が大きく揺れています。『子供たちを放射能汚染から守りたい』という市民の切実な願いが横浜市を大きく動かしています。私の子供が通う小学校でも、セシウムに汚染された可能性のある牛肉が出されました。毎日毎日出される給食の放射能汚染に怯え、土壌の汚染に怯え、子どもたちの尿から放射性物質が検出されないかと心配しているたくさんの市民がいます。
 みなさん、放射能汚染の高いところを除染するといいますが、放射能汚染を完全に取り除くことは今の人類の技術ではできません。ただ、その場所から汚染源を移動させているだけです。水で流せば、最終的には海が汚れてしまうことになるだけです。
 みなさん、誰がこんな世の中にしてしまったのでしょうか?
それは、現民主党政権を含め歴代の政権が、産業界の要請にもとづいて、原発推進のエネルギー政策を推し進めてきた結果です。私たちは3・11以前の社会に戻ることはできません。しかし、この状況が悪くなることを止めることはできます。放射能汚染のもとである、原発依存のエネルギー政策をやめること。電力の問題・経済効率の問題、いろいろあるかもしれませんが、私たちの子供の未来と天秤にかけることは出来るはずがありません。
 今日は、『放射能汚染から子供たちを守る』『その原因である原発をなくす』この一点での共通点で賛同できる個人や団体が多数参加しています。横浜市政を大きく動かすきっかけを作った『放射能から子供を守る会』のメンバーの方も参加されています。
 鶴見区での小さな一歩かもしれませんが、バタフライエフェクト 小さな蝶の羽ばたきがやがて世界を動かす大きな流れとなる、そんな運動をこれからも起こし続けていきましょう。私たちの世代につながる子供たちの未来のために。ありがとうございました。」
CIMG5206.jpg
そしてパレードは出発。
CIMG5210.jpg
豊岡通りから三角、線路をくぐって、東口方面からベルロードで、流れ解散。
CIMG5211.jpg
全体で、200名超の参加者で、開催すら危ぶまれていたこのパレード。たくさんの皆さんのご協力を経て成功させることができました。本当にありがとうございました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<二ツ池公園化事業の素案が出されました ~出来るだけ多くの皆さんの声をだしていきましょう!! | ホーム | 鶴見会館跡地の利活用の方向性が決まりました!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/743-ee66a43b