古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

オープンしていないのにすでに700人待ち ~鶴見区で3つ目の特別養護老人ホーム誕生しました!

鶴見区に3つ目の特別養護老人ホーム「しょうじゅの里鶴見」の内覧会に行ってきました。
CIMG5034.jpg
施設長の繁里さんも、若く活力ありそうな方です!
CIMG5031.jpg
5階建てで、90室の居室と10室のショートステイの計100床。
5階は、介護福祉士の養成のための部屋で、広いオープンスペースとなっていました。
CIMG5024.jpg
2~4階は、居室ゾーンです。
CIMG5028_20111118202813.jpg
入浴も、個人浴を基本としていて、身体機能に合わせたシャワー浴もあるそうです。
CIMG5025.jpg
居室で一番人気のあるのは、小学校に面した居室だそうです。
CIMG5030.jpg
90人定員で、現在いっぱいになっているそうです。
また、この「しょうじゅの里鶴見」をお待ちの方は、700人を超えています。
まだまだ鶴見区には、特別養護老人ホームが足りなさすぎます。
横浜市が発表している特養の待機者は、市全体で4090人、鶴見区では326人(23年4月現在)。
実際に待たれている方は、もっともっと多いんです。

また入居金の問題ですが、「しょうじゅの里鶴見」は、下記のようになっています。
SCAN0031.jpg
ですから、比較的良心的な料金設定で、実際入居予定の90人の中で、生活保護を受給されている方も入っていらっしゃいます。しかし、できれば、個室型だけではなく、多床室型も作っていくと、さらに料金設定が下がります。これは市の問題ですね。

近くの新鶴見ホームや障がい者施設「希望」そして汐田総合病院・老健やすらぎなどが、密集する地域となった矢向・江ケ崎の街。大きく変わっていきそうです。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<市議会議員の役割とは何か? ~矢向での古谷やすひこ市政報告会 | ホーム | 県内自治体の中でも、ハードルの高い横浜市の除染基準>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/727-11d93436