古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

今回計測していただいて、作業も継続できる目処が立ちました! ~獅子ケ谷地域の畑での測定会

11月15日 火曜日。晴れ。
今日は、午後から獅子ケ谷にある横溝屋敷のすぐ近くの御宅とその裏にある広大な敷地を借りて農園をやっているグループの方から、ぜひ放射能測定をやって欲しい、という依頼があり、行ってきました。
この近辺は、鶴見区とは思えないほど、緑豊かなところ。
早速、畑を測ることに。
CIMG4968.jpg
畑は全般的に、0.05~0.08μシーベルト程度。
「筍をいつもとっているところも心配なので...」と裏山へ。
CIMG4970.jpg
メンバーの方で、ウクライナ製の測定器と中国製の測定器を持ってきた方がいて、比べてみました。
CIMG4971.jpg
「この間、道路に溜まっていた土砂や落ち葉を取ったものを置いてある所を測って欲しい」と行くと、数値がグングン上がります。
CIMG4975.jpg
ウクライナ製の測定器の警報機が鳴り響く中、私のRadiも、
0.5μシーベルトを超えていきました。
そしてその土砂を取った道路を測定してみると、
0.08μシーベルト。
全体的には、畑の地表面はそれほど高くなく、ひとまずは安心できましたとの、参加者の声。

引き続き、鶴見区内どこでも測りにいきますよ。
今回の測定の連絡をいただいた方からのお礼のメールです。
「本日はお忙しい中貴重なお時間を頂きありがとうございました。
私が代理で共同の畑代表を務める中、放射能の不安の残る畑仕事を皆にさせるわけにいかず、畑も荒れ、困り果てていました。今回計測していただいたことで、数値をもとに皆に判断してもらえ、作業も継続できる目処が立ちました。また放射能や原発問題、被災地について少しでも意識を傾けてもらえる、大変貴重かつ重要な機会になったと実感しています。各自がこれを機に自分なりの向き合い方を見つけ、それぞれの形で解決への一歩を踏み出せたらと思います。古谷さん、本当にありがとうございました。これからもぜひお人柄はそのままで、志強く頑張ってください!応援しています。」
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<[終了]11/20午前 駒岡地域の放射能測定会のお知らせ | ホーム | 核燃料物質及び放射性同位元素が沢山貯蔵されているその現場 ~横浜臨海部の視察>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/716-ce6554bd