古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

風評被害に惑わされることなく修学旅行は実施してほしい!?

10月7日 金曜日。晴れ。
来週の教育委員会の質問準備をしている中で、「学校を離れた校外学習での児童の安全はどう確保していくのか」ということを聞いている中で、出てきた資料です。
img086_20111007130727.jpg
表の中の「日光消防署」の欄が、修学旅行先に近いところだそうです。
地表50センチメートルで0.2μシーベルト以上ですから地表はもっと高いはずです!
教育委員会としては、この資料をもとに、「修学旅行先の安全は担保している」とのこと。
これで、何処が安全であるというのでしょうか?
しかし、これらの市の判断は、実は国からの通知にも問題があって、8月30日付で、観光庁から文科省へ、下記の通知が出ています。
img085.jpg
「今後の修学旅行の実施に当たっては、風評に惑わされることなく、現地の正確な情報に基づき、できる限り予定通りの実施が望まれるところです。」
観光庁は、立場としてこういう通知を出していますが、文科省にも立場があるはずですが、観光庁からの要望をそのまま、下に降ろしています。行政職員は、こういう国からの通知を”錦の御旗”にして、職務執行することになります。やっぱり、元凶は国です。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします




にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<鶴見区内での放射能測定会のお知らせ(鶴見市場地域を追加) | ホーム | 横浜市の放射線講演会のアンケート結果>>

コメント

5年の赤城宿泊も心配です

どうしてわざわざ線量の高いところへ
子供達を連れて行かなくてはいけないんでしょうか。
100人を超える人数が、ばさばさと山道を歩くなんて、
考えただけでもゾッとします。
横浜にいたって、日々放射線をあびているというのに…
  1. 2011/10/07(金) 14:37:03 |
  2. URL |
  3. お母さんイエロー #FXbBe/Mw
  4. [ 編集]

冗談じゃありません。
風評でもありません。
横浜より汚染されているのは事実です。
大人の都合に合わせて、子ども達の健康を犠牲にして下さい、と言っているようなもの…なんと酷い通達でしょう。
そのまま下に下ろす文科省も何を考えているのでしょうか?
将来の子どもの健康なくして教育などいらないのです。
教育委員会は何が一番大事かよく考えて頂きたいです。
  1. 2011/10/13(木) 00:19:58 |
  2. URL |
  3. たんぽぽ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/662-67e52914