古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

自民・民主 迷走同士のぶつかり合い!!

今日の民主党の審議拒否はひどい。補正予算を出さないなら、新テロ特措法については審議拒否をするというのは、誰がどう考えても理屈が立たない。今までは、選挙をしてくれるなら、どんな法案でも自民公明に協力しましょうという、いわば抱きつき戦法から、突然”対決路線”といわれても、いったい民主党は何に対して対決しているのか、国民に対して説明できるのでしょうか?
そしてひどいのは自民党も同じです。景気対策の目玉だという給付金が2転3転4転してあげくには地方に丸投げ。そしてあれだけ、スピードが大切だといっていた追加経済対策に対して、いつ国会に出せるか分からない。やっぱり本気で景気対策を考えている態度とは到底思えない。どっちもどっち。共産党・市田書記局長は、「迷走同士のぶつかり合い」と評したが、まさにそのとおり。日本共産党は、どんなことがあっても審議拒否はしません。国会での審議を通じてどの党の立場が正しいのか国民の前で示して、正々堂々と議論を戦いあわそうではありませんか。国会議員は、国会で論議をしてこそ、その役割を果たせます。自民公明与党や民主党の国会議員は、ご自分を選んでくれた有権者に自分のところの党の態度を説明できますか?

暖かな秋晴れの一日、今日の私は、朝の鶴見駅西口でのご挨拶(AM7:00~8:00)から、午前中は、羽沢・菅田方面への街頭宣伝。
午後からは、これまた菅田方面へ、柴田前市会議員とともに農家後援会員への御あいさつまわりです。田舎の農家もそうですが都市農家も、今大変な危機的状況です。共産党の農業政策をもって、農家や園芸農家に一軒一軒まわると、厳しい状況がひしひしと伝わってきます。「もう自民党には期待できない。何とかして欲しい」「今度は必ず共産党に入れます」との嬉しい反応。この写真は、まわっていく中でみかけた、見事な柿の木です。この柿の実はなぜ鳥に食べられていないのでしょう。
画像-0017
夜は、日本共産党横浜地区委員会・後援会主催での決起集会でした。
私がこの間感じてきた、世の中の共産党への期待の声や、国民の本当に厳しい生活実態について、お話をさせていただきました。
CIMG0996.jpg

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<憎しみ悲しみの連鎖を生むだけ... | ホーム | 選挙が伸びれば伸びた分だけ...>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/11/19(水) 00:31:47 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/66-b9c657ff