古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

病院経営局について質疑の場に立ちました!

9月29日 木曜日。晴れ。
昨日から、昨年度の横浜市の各局の事業や決算について論議する決算特別委員会が行われています。
今日は、局ごとの審査の初日、病院経営局について質疑の場に立ちました。
P9290014.jpg
 横浜市2010年度決算特別委員会・病院経営局の審査で、古谷やすひこ議員が日本共産党を代表して、防災計画での病院経営局の役割、市民病院の新生児特定集中治療室(NICU)および緩和ケアについて質問しました。
 周産期医療において、危険な状態で生まれてきた赤ちゃんを集中的に治療するNICUが不足しています。また、がんによる痛みや辛さをやわらげる緩和ケア病棟のニーズも高まっています。
 ところが市民病院では、周産期医療に不可欠なNICUのベッドが6床あるうち、3床しか稼働しておらず、緩和ケア用ベッドも20床のうち稼働しているのは10床です。古谷議員は、フルオープンできないのは必要数の看護師が確保できないことを質問で明らかにした上で、「市民病院として政策医療に責任をもつ立場で、NICUと緩和ケア病棟、フルオープンさせて、市民の要望に応えていただきたい」と要望しました。
 大場副市長は、「産科拠点病院の整備やNICUの整備を行う病院に対する病床の優先配分など、周産期救急患者の受け入れ態勢の強化に努めていきたい」と答え、鬼頭市民病院長は「同規模の緩和ケア病棟を有する他の病院の体制等を参考に、適切な体制を整えていきたい」と答弁しました。

詳しくはコチラ


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<プロフィール | ホーム | 速報!鶴見区の東台小学校で0.96マイクロシーベルト!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/651-a7f1b9a0