古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市教育委員会からの保護者向けの「お知らせ」

8月30日付けの横浜市教育委員会からの小学校長と保護者向けの「お知らせ」です。
img047.jpg
img048.jpg
この内容では、保護者の方の「ご理解」を得るのは難しい内容ですね。
なぜ、この事態が起こり、起こった結果について市として保護者にどう思っているのか、再発防止のためにどうするのか、何も書いていません。どうしてこういう対応しかできないのでしょうか?
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<赤城林間学校が安全だという資料?? | ホーム | 後期高齢者医療制度広域連合議会が開会 〜議会のチェック機能は???>>

コメント

教育委員会

給食もこんな状況で、お弁当持参が増えるでしょう。その方が安全です。
赤城林間学園宿泊体験についても同じです。赤城の大沼ではワカサギから規制値超えのセシウムが検出されたのに、教育委員会では「昭和村から連絡された測定値から
赤城への修学旅行は安全と判断している」そうで、その測定値をどうしても教えてはくれません。
その一方で群馬県HPでは文科省目標値よりも高い空間線量が計測されたと公表されています。
でも教育委員会は「昭和村から連絡された非公開値」のみを頼りにして行くそうで
自主的に調べる努力の予定は今のところないそうです。
先生のお子さんが修学旅行に行かれる頃にはこの問題は解決済みでしょうか。
閑古鳥の当地では赤字なのか?当地での児童達の「クラフト体験費用」が急に値上がりしたそうです。
  1. 2011/08/30(火) 23:46:33 |
  2. URL |
  3. 宿泊体験も同様です #-
  4. [ 編集]

はじめまして

横浜市で市立の小学校に子供を通わせてる母の一人として、
憤りを感じます。

給食試食会へも、行きました。
学校側の説明は安全だの一言。
この8月末に牛肉の件を受けて、もぅ少し細かい説明をくれるのかと思えば、何もないまま
今日から給食が始まります。
母として、お弁当にしたいと思う気持ちと
周りに合わせてしまう気持ちとで
まだ決まらないままです。
  1. 2011/08/31(水) 11:59:36 |
  2. URL |
  3. もも #-
  4. [ 編集]

配られていない小学校があるそうです

給食開始に間に合う(間に合った)のでしょうか。
また、校長に相談、というくだりを削除して配布された学校もあるそうです。
調査お願いいたします。

30日付の書類が30日に配布されなくても
問題はないのですか?
  1. 2011/08/31(水) 13:45:51 |
  2. URL |
  3. 保護者 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/603-98a5ea30