古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

放射性物質検査の流れ

先日の横浜市衛生研究所でもらった資料です。
img038.jpg
img039.jpg
img040.jpg
img041.jpg
img042.jpg
img043.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<なでしこJAPANの5人を横浜市のスポーツ栄誉賞を贈呈 | ホーム | 横浜市民の食の安全を担っている職員の現場>>

コメント

素朴な疑問

検査の様子を拝見いたしました。

3月11日以前の放射能測定マニュアルでは
土つき、可食部以外を取り外すことなく検査をして
370ベクレルを超えた物については、輸入停止措置がとられ、それぞれの国へ返品していたはずです。

今は計るのに、流水で食品をよく洗った上で可食部以外はそぎ落とすなんて過程が必要なのでしょうか?

そこまでしないと、暫定基準値を下回るものが確保できないからでしょうか?

この暫定基準値もWHOの基準からすれば高すぎます。

日本の政府が云うのは、原発事故のおこった緊急時の1年限りの被ばく限度より低く抑えたというだけで
平素の基準の何百倍にも値する事は、周知の事実です。

子育て中の身としては、給食問題しかり
本当に子供たちが健やかに大人になれるのか不安はつきません。

事故前に戻らないのは分かっていますが
せめて子供たちの未来が明るいものであるよう
給食問題だけは、よい方向へ向くことを願ってやみません。
  1. 2011/08/30(火) 21:33:19 |
  2. URL |
  3. 2児の母 #VHAEMXFE
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/593-229b202b