古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

本当に悔しい!!

5月26日 木曜日。晴れ。
今日は、横浜市会の定例議会の中の健康福祉局の常任委員会の日。
今議会の最大の論点の一つである「敬老パス無料乗車証制度」の委員会審議です。
fukei-jonin.jpg
結果は、市長が提案した原案の賛成多数で委員会を通過しました。
利用者負担増の原案に反対したのは、私ひとり。

この委員会までに、当局から様々な資料を取り寄せ当局側の見解も聞き、準備を重ねました。
s1305730561.jpg
(手前が白井議員、奥が私です)
しかし、審議時間は一時間足らずで決まってしまいました。

今回の改悪の提案は、前常任委員会として、当局側のスケジュール案をあまりにも拙速だとして撤回を求めたのに、同じゴールの提案を出してきました。
市民の意見を聞くといいながら、集めた市民アンケートを集計したものを精査せず、市民にもホームページ上しか発表していない。
「低所得者に配慮した」と言いながら、生活保護世帯からもお金を取り、年収150万円以下の世帯で値上げ分の半分以上をまかなうもの。
敬老パス制度が有料化して以来、毎年毎年交付率が下がり、今回の改悪でもさらに交付率が下がる、制度そのものの趣旨を否定しているかのような改悪提案。

本当に悔しい。
そして、もう一言。
今回採択に関わった議員は、4月の選挙で市民に選ばれた議員です。その中には、「利用者負担増なき、敬老パス制度の維持をします」と約束した民主党議員も2人、賛成に回りました。有権者にどう説明するのでしょうか?
選挙が終われば、有権者への約束など反故にしてもいいと思っているのでしょうか?

討論の中では、当局側の提案に「すばらしい提案」と持ち上げる人もいます。
私も、全てに反対したわけではありません。
しかし、全てに賛成するだけでは、議会のチェック機能が果たせないばかりか、自らの存在意義をなくしてしまうのではないでしょうか?

本当に悔しいけど、事実は受け止めなければいけません。
残りの最後の本会議(5/31午後)の議場で討論の場に立ちます。
精一杯、全身全霊をかけて、熱く熱く、訴えてきます。
誰でも、傍聴する事ができますので、ぜひおいでください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<横浜市議会へ来て見ませんか? | ホーム | 横浜市の動物愛護センターの開所式に出席しました!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/539-4ab328b0