古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

今議会のあり方が大きく問われている時代

5月17日 火曜日。曇りのち雨。
今日は、横浜市議会の第二回定例議会の開会日。私にとっては、初めての議会となります。
朝の鶴見駅西口での宣伝を終えて、そのまま市庁舎へ。議会運営委員の荒木さんから今日の本会議の流れを議員団全体で確認します。
そして、AM9:50 いよいよ議場へ。緊張で、右手と右足一緒に出てしまいそうになりました。
新人の私の席は、一番前。名前を確認して、札を上げ、着席。

今日の本会議自体は、議長・副議長をはじめ、各常任委員会・特別委員会などなどの人事関係を確認する事がほとんど。
議長・副議長については、選挙が行なわれます。しかし、一般的な選挙とは違って、立候補する方が誰かなんて、どこにも書いていない。議場閉鎖して、立派な投票用紙が配られます。立派な投票箱も用意され、立会人もいます。それなのに、誰が議長として立候補しているのかかかれたものは何もない、当然どういう思いで議長に立候補しているのかも分かりようがありません。

そうして、私たち5人の日本共産党議員団が大貫憲夫 団長を推した以外は、全ての会派…自民党・民主党・公明党・みんなの党・ネット・ヨコハマ会・無所属・・・全て、同じ人を書いています。
実は、私たちは、こういう議長選挙のあり方を変える提案を、前日の議会運営委員会で提案しました。
どういう方法か?
議長に立候補する人は、議場で立候補に当たって、どういう議会運営を行なっていくのかの所信表明を行なったうえで、選挙をしたらどうか!
どうでしょうか?

今議会のあり方が大きく問われている時代です。日本で最大の基礎自治体である横浜市の議会も、より民主的で開かれた議会となるように、これからもスジを通して市政を前に進めていくために全力で働きたいと思います。

ちなみに、今日決まった私の所属は、
常任委員会・・・健康福祉・病院経営委員会
特別委員会・・・大都市行財政制度特別委員会
そして、神奈川県後期高齢者医療広域連合会議員

となりました。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<ぜひ横浜市会を見てほしい!! | ホーム | カギの管理を地元自治会で!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/535-e8a46a16