古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

労働者が元気でこそ、復興支援にも力が尽くせるのではないでしょうか!

5月1日 日曜日。曇り。
今日は、全国的に労働者の祭典「メーデー」です。
IMG_0504.jpg
私は、横浜港湾で働く労働者のメーデー「横浜港メーデー」に日本共産党を代表してご挨拶させていただきました。以下、内容です。


第19回横浜港メーデーにお集まりの皆さん、おはようございます。
日本共産党を代表して心からの連帯の挨拶を送ります。私は日本共産党横浜市会議員・古谷やすひこです。

3月11日に発生した東日本大震災は、多くの方がなくなられ未曾有の被害をもたらしました。港湾をはじめ各産業は壊滅的な打撃を受けています。こんな中、一部の労働運動の中には、自粛をする向きもありますが、自粛をしても何も解決しません。こういう厳しい情勢だからこそ、被災地の皆さんと心一つにして力を合わせて困難を乗り越えていきましょう。

雇用の問題では、働いても働いても貧困から抜け出せないワーキングプアが1000万人を超えている。不安定雇用が拡大し短期間で何十万人もの人たちが紙切れ一枚で簡単にクビを切られてしまう。医療の問題でも保険証を取り上げられ病院にもかかれない方々が34万世帯もいらっしゃる。高齢者の方が、介護サービスを受ければ請求書の山ができる。医療も年金も介護も生活保護も、全て切り崩されてきた。こんなにも国民生活をないがしろにしていては、未来はありません。日本共産党は、奪われた労働者の権利を勝ち取る為に、みなさんとともに全力で戦い抜きます。

また港で働かれている労働者の原状については極めて厳しく、全産業の中で一番危険で労働時間が長い、おまけに賃金は低い。みなさんのガンバリが報われていないのが今の現状です。特に今、国際競争力をつけることや民営化を進めるなど、耳障りのいいことが進められていく一方、その内実は24時間フル稼働の港を稼動させる為に、労働者の権利はないがしろにされています。諸外国では考えられない、一人で3人分もの働きを強制されています。これらは今すぐ是正すべきであります。港で働く労働者の権利を保障してこそ、横浜の経済も栄えていくのではないでしょうか。

まじめに働く方々がきちんと報われる社会にするために、ルールある経済社会を求めているのが私たち日本共産党です。
労働者が元気でこそ、復興支援にも力が尽くせるのではないでしょうか。港に働く労働者の権利を戦い守るために、ともに連帯して全力で働く、その決意を申し上げて、挨拶に代えさせていただきます。ともに頑張りましょう!ありがとうございました。
CIMG4146.jpgメーデー実行委員長を務められました、横浜港湾労働組合連合会中央執行委員長・柏木公廣さんと撮らせてもらいました。

このあと、県メーデーのデモ行進の出迎えに向かい、畑野きみえ・元参議院議員や大貫憲夫・岩崎ひろし・荒木由美子・白井まさ子 市議会議員とともに、ご挨拶させていただきました。
なんとか、雨も降らず、いいメーデー日和でした。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<議員バッジの重み | ホーム | 元職場時代の「仲間」の結婚式に参加してきました!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/524-addbd609