古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

鶴見工業高校跡地問題のその後、などなど

4月27日 水曜日。晴れ。
昨日から今日にかけて、警察交渉・市役所交渉・区役所交渉と忙しく駆けずり回りました。
というのも、この間選挙があったため、滞っていたため。
一つ目の警察交渉では、要望事項がいくつか実施されることとなりました。
CIMG4133.jpg
大きな幹線道路の交差点で4つの横断歩道のうち1つにしか視覚障がい者用の音響装置がついていないことを障がい者団体から要望を受け交渉となりました。
CIMG4136.jpg
鶴見警察の規制担当の下山係長から「この場所については現場もみて、ご趣旨はよく分かりました。優先順位を高くして、実施すると言う前提で進めていきます。」とのこと。また、事故が多発している鶴見中央2丁目4番地先の交差点信号について、現状の点滅信号から、通常の信号へと替えるように23年度中にすすめるとのこと。

続いて、市役所へ移動。4月以降の鶴見工業高校閉校後の管理の問題。地元の方からは、不審者の対策や今までどおり学校の外灯をつけて欲しい、との要望が出されたもの。
回答は、①校舎建物には機械警備を導入。 ②校舎正門には車の乗り入れ防止柵をつける ③グランドにクローバーを生やし砂埃の飛散を防ぐ ④民家に隣接している樹木は伐採する  とのこと。
こちらからは、もちろん建物を管理するというだけでなく、例えば広大なグラウンドは逆に市民に開放してはどうか、などの要望も行ないました。

そして今日は区役所にて、①被災者受け入れ施設としてJFEの空家社宅500戸を開放する事 ②現状で広域避難所として指定されている花月園競輪跡地の鍵の管理を地元自治会にも託してもらわないと困る ③その他 などです。
CIMG4134.jpg
しかし、JFEの社宅の内部は、給水設備や電気設備が老朽化しているために使用は難しいとのこと。被災地では仮設住宅が1戸300万円かかる、また市営住宅50戸を募集かけると500人以上の応募があることから、再度検討して欲しいと要請。また、花月園競輪跡地の非常時の鍵の管理については、県とも検討しているとのことなので、地元町会は困っているので早急に解決して欲しいと要望しました。
また鶴見中央地域の鶴見会館跡地は、改めて白紙の状況であるとのことが伝えられました。

駆け足での要望になりましたが、その一つ一つを地域の住民の方と一緒に要望を当局にぶつけながらすすめていきたいと思います。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<元職場時代の「仲間」の結婚式に参加してきました!! | ホーム | チューリップも一番の見ごろ!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/522-1fea0aba