古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

スジを通す、ぶれない日本共産党の私 古谷やすひこ 

3月5日 土曜日。晴れ。
今日は、潮田での事務所開き。矢向に続いてたくさんの方に集まって頂きました。
元参議院議員の畑野きみえさんも激励のご挨拶をいただきました。
CIMG3913.jpg
私からは、この間訪問した町工場の社長さんの話をしつつ、日本共産党の経済再生のプランをお話しました。
CIMG3916.jpg

ご近所のみなさん、事務所開きにお集まりのみなさん、こんにちは!
いよいよ、投票日までは、37日となりました。
4期16年、みなさんのお助けマンとして全力で働き続けてきた現職市会議員・中島文雄の後を受け、横浜市会へと挑戦します 古谷やすひこ 39歳です。鶴見区での宝の市会議席、何としても勝ち抜かせて頂けますようよろしくお願いいたします。

自民党政権から、わらをもすがる思いで民主党政権へと期待を託したその期待も、あっけなく無くなりました。
今の日本の政治を大きく覆っているのは、行き場のない閉塞感に包まれています。
この行き詰まりを何とか打開してほしい、国民のみなさんは切望していると思います。

先日、ある町工場の社長さんと懇談しました。電気がついていなかったので、留守かと思えば、暗い中で黙々と仕事をしていました。今は本当に仕事がなく、割に合わない単価の低い仕事でも、やり続けて数をこなさないと収入が途絶えてしまう。だから日曜日でも仕事をしているし、経費節減で電気も付けない。本当は全てを投げ出して夜逃げでもしたいけど、家族に迷惑がかかってしまう。もう自殺するしかないかも。
こういう状況でした。

私たち日本共産党は大企業がつぶれろなんて思っていません。儲けるのも当たり前だと思います。それどころか、高い技術力をもっと使って発展して欲しいとも思っています。私たちが言っているのは、儲けるのはいいけど、ぼろもうけするのはよくない。その儲けすぎている部分を働いている人や下請けの中小企業にも還元すべきだといっているんです。働いている人には、ヨーロッパ並みのまともな給料を払うべき、今の日本は同じ仕事をしても正社員と非正規では給料は半分。中小企業にも、下請け単価を叩く。ひどい状態です。ヨーロッパなんかでは、そういったルールを守りながら国際競争力をつけてやっている。日本の名だたる大企業が出来ないはずがない。個人的にどこどこの企業が悪いというわけではなくて、ルールがないことが問題だと考えます。低い最低賃金も少なくとも1000円以上にするべき。しかしそんなに払えないよというところには、当然あると思います。アメリカなどではどうしているか。国をあげて中小企業を支援している。税金を安くするとか、補助金を出すとか、他国ではやっている。それをきちんと国が法律を作ってやるんです。そうすれば労働者の懐はあったまる。そうすれば、ものを買うチカラが増える。内需が拡大していくことになり、国内経済の歯車が再び回りだします。私たち日本共産党の日本経済再生プランで、国民の購買力がアップする。止まっていた経済成長が再び動き出します。
真面目に頑張っている人がキチンと報われる、ルールある経済社会をつくるために一歩ずつ国民のみなさんと協力して全力を挙げてまいります。

今、選挙まであとわずかとなり、各政党駅頭などでもさまざまな政策を述べています。しかしみなさん、日本共産党以外の政党は選挙の時だけいろいろ言っても結局、議会の中では、市長の提案に対して、賛成しかしない。
そんな議員がいくら増えても、この横浜市は変わりません。

市民のみなさんの生活を守るためにスジを通す、ぶれない日本共産党の私 古谷やすひこ 何としてもこの鶴見区より市会へと送り出して下さい。
そして県議会は、岡崎ゆたか 33歳 ともに30代の若い力で、この鶴見区より、日本の閉塞感を打開するために全力で働きます。私たちへの支持を拡げに広げぬいて、ぶっちぎりで勝ち抜かせて下さい。どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<共産党さん派手にやってよ!! | ホーム | 過去3年の確定申告書と手数料を持ってきてください>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/481-ff7f990f