古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

本当に市民の声をみなさんは代弁していますか?(怒)

12月26日 日曜日。晴れ、風が強く寒い一日。
今日は、鶴見駅東口での夕方宣伝。
横浜市政の話しをしました。

みなさん、さきの市議会の定例議会の最終日、とんでもないことが決まりました。
昨年大問題になったY150開国博で生じた赤字12億6000万円。
林市長の提案は、「心苦しいが市民の皆さんに負担をお願いする」
この市からの提案に対し、
自民党「事業の真っ最中に突然辞任された中田前市長には特に強い憤りを感じている」
民主党「市は猛省し、未来に同じ失敗を犯すことのないよう厳しい総括を」
公明党「市はもちろん、市議も含め、行政に関わるもの全てが反省しなければならない」
こんな感じの発言です(詳しくは市議会HPを見てください)。
そもそも、Y150開国博の事業を議会で積極的に後押ししてきたのも、さきの会派です。
間違えることもあるかもしれません。しかし、自分たちの行動についての責任は全く触れないのはおかしい。
なぜ市民だけが赤字の負担をするのか、先の3党は市民に説明すべきです。

Y150開国博は、市民参加が34000人、そのうち2500人あまりがボランティアで支えられ、多くの市民からの協力がありました。
市民からこれだけの協力を得ながら、赤字を生み出した原因や責任を明確にしないまま、「税金投入ありき」で議案を押し通すのは、どう考えても納得いかない。
本当に市民の声をみなさんは代弁していますか?(怒)と問いたい!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<我が家の年の暮れ | ホーム | フレーフレー中大!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/429-8da9a08a