古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「本当に許せない」 私が最近一番頭にきたこと!!

12月4日 土曜日。晴れ。
つい先日、鶴見生活と健康を守る会の小野寺会長から、「古谷さん、ちょっとこんなことがあったんだけど、一緒に相談にのってくれないか?」といわれたことがありました。それは...

佃野町に住む、中学校3年生の男の子をもつシングルマザー。お母さんの経営する定食屋さんで働いています。
中学校3年生ですから、進路指導の時期、その子は行きたい高校も決め、そして行き先の高校からも内諾を得ている。そんなほぼ進路については決まって安心していたところ、通っている中学校から、こんな進路指導がありました。
「あなたのところは、生活保護を受けているし、片親で、高校に行っても授業料を払っていけるのか?やめたほうがいいんじゃないか?」



その子は、泣いて帰ってきたそうです。


本当に許せません。
事実関係を確認した上で、中学校にも抗議に行く、そして視の教育委員会にも抗議に行く、
そんな準備をしていたところで、今日その母親の働く定食屋さんいったところ、
「いろいろご心配をおかけしましたが、解決しました。ありがとうございました。」とのこと。
その問題のある”指導”があった後に、母親のお母さんも含めて学校に抗議に行って、その先生も
申し訳ないということになり、その子は無事念願の高校にいけるような流れになりました。
よかった。
でも、その子が傷ついた事実は変わりません。
こんなことはもうなくして欲しい!!
心からそう思います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<二つ池の公園化事業に向けて | ホーム | 矢向中学校裏の道路舗装問題、いよいよ大詰め!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/409-42abfdb5