古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

学童保育のあまりにも大変なその状況!!

10月16日 土曜日。晴れ。
今日は、鶴見区の選出議員と横浜学童保育連協鶴見ブロックの懇談会に、中島市会議員の代理で出席して来ました。参加したのは、民主党・谷地議員、無所属・井上議員、そして私、そしてそして会場からあふれんばかりの各学童からの代表の指導員や父母代表(40~50人?)。
出された主な問題は、
「障害児の受け入れが増えているのに、今の補助の実態は実情にあっていない」
「学童の規模がボーダーラインすれすれの場合、ある程度の余裕というか幅をもって行政も対応してほしい」
「あまりにも、指導員の待遇が悪すぎる。勤続給・経験給の導入を」
「学童はそもそも働いている家庭のためであるはずなのに、あまりにも父母の負担が大きすぎる」
「施設の取得や維持・管理に、大変苦労している。ここには行政が責任を負うべき。」
「学童の補助対象年齢を6年生まで拡充して欲しい」
などなど。
施設の問題で、会場となった「おひさま学童」からは、
割れた窓や
IMG_0034.jpg
ボロボロの天井
IMG_0037.jpg
などなど、築50年以上たつ施設を次代を担う子供達が使わざるを得ないという現実をまざまざと見せてもらいました。
冒頭での、各党からコメント、そしてそれぞれ個別の問題での各党からの意見、さながら、公開討論会の様相でした。
私自身、矢向1丁目に新設で出来た「しんつる学童」には、次男がしばらく通っていましたので、学童の父母の役員の方や指導員の方が苦労されている様子はよく見てきましたので、その点からの発言。またそれぞれの問題の根っこにある、横浜市全体がいかに子どもたちや子育ての環境にお金を欠けていないか、それは市の税金の使い方が誤っていること、などを発言させて頂きました。

終了後、「しんつる学童」から参加された方と、旧交を温めました。




にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<前進座「夢千代日記」見てきました!! | ホーム | こんなに非情な対応はありますか!!!>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/10/17(日) 09:37:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2010/10/18(月) 10:23:31 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/10/18(月) 20:47:42 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/349-21b23596