古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

こんなに非情な対応はありますか!!!

10月15日 金曜日。くもり。
今、疲労感と怒りで、体はぐったりしています。
なぜか?

今日は、茨城県の在住の方からの相談で、市税の過去分の滞納の問題で相談があり、区役所へ同行しました。
その方は、失業した年と離婚した年に、それぞれ急な出費で、市税が滞納となってしまいました。
仕事の関係で、茨城県に越してからも、滞納分の税金の支払いに関しては、途切れることなく相談を続けていました。
ようやく、決まった日に、だいたい決まった金額がもらえる、安定した経済状況となり、今の月給からみて、この金額ならがんばって毎月遅滞なく払い続けられる、そういう金額を提示して、滞納分を払いたい、と提案しました。

しかししかし.......
滞納整理担当の税務課職員からは、
「そんな提案は受けられません」
「年度末に全て払い込んでください」
「それができなければ、給与を差し押さえます」
との一点張り。
粘り強く粘り強く話し合いを続けると、最後に提案してきたことに、ちょっとびっくり!!
「とにかく、経済状況は分かりましたので、金額についてはそちらの提案どおりで構いません。徴収の方法については、給与からの差し押さえにします。」

えっ!!!!!!!
勤めている会社に、横浜市から給与の差し押さえの連絡が入ればどうなるか?
役所の職員の方には、想像力がないのでしょうか?
54歳の方がそのことで職場を退職へと追い込まれたら、それこそ余計に徴収が難しくなるのではないでしょうか。
そんなふうに、その方の生活をめちゃくちゃにしてでも、とにかく税金を徴収するという、その非情な態度。

私は、理解できません。
その後は、どんな折衷案だろうがなんだろうが、聞く耳を持ちません。
本当に、許せません。

もちろん、税金を滞納する事はダメだと思います。
しかも、この人の場合、払う意思があって、役所の人も悪質滞納者ではない、とはっきり言っています。
しかし、こんな時代ですから、いつ失業するかもしれないし、いつ病気になるかもしれないし、いつ離婚するかもしれない。だれもが、いつ転落するか、わかりません。
そんな中で、苦しんで苦しんであえいでいる人の息の根を止めるようなやり方は許せません。
何の為に行政は仕事をしているのか?

再度、対応を練り直し、再度区役所へ早いうちに向かいます。
皆さんのご意見も是非ください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<学童保育のあまりにも大変なその状況!! | ホーム | 30代 最後の一年を迎えました!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/348-b3518f39