古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

16年前の細川政権を覚えていますか?

6月25日 木曜日。晴れ。
今日は、下野谷地域での二度目の「共産党を語るつどい」がありました。
CIMG1632.jpg
演説会とは違って、手の届く距離でいろいろお話できるのがいいですね。今日は、11人の近所の方がきてくださいました。介護の質問の他には、昨日テレビで大きく報道されていた宮崎県知事の動向の問題、それに付随した自民党の騒動...。

ところで、みなさん、16年前に自民党が政権の座を下ろされたことがあるのを覚えていらっしゃいますか?そうです、細川さんが総理大臣として、非自民の内閣が誕生しました。そのときの社会情勢としても、リクルート事件や金丸信の東京佐川急便事件など、政治不信の極地、国民は「とにかく、自民党政権を変えて欲しい」とわらをもすがる思いで自民党を落とし、非自民の政権が誕生しました。その細川内閣の中には、民主党代表の鳩山さんも閣僚の一人としていました。
その細川内閣は何を実現したのか?それは、政治改革をするという名の下に、民意の反映しずらい「小選挙区制度」を導入したのです。そして実現はしなかったですが、「消費税増税 3%⇒7%へ」と突如発表する。結局、8ヶ月あまりの短命政権として、細川政権は消えてしまいました。
結局、政治の中身を変えないで、政党の看板だけをかけ変えてみても、国民生活にとっては何もかわらないし、またより一層の混乱をもたらすだけ。
ここは一つ、自民や民主が悪政を競い合っているものを正面から歯止めをかけることができるのは、日本共産党だけです。みなさん、お力貸してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<共産党を語るつどい、続々開催していきます!! | ホーム | 志位委員長の街頭演説>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/247-14fb006d