古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

生活保護支給日に、区役所内で堂々と集金をしているNPO団体。こんな生活保護者を食い物にしているようなやり方は認められません!!

 7月10日 木曜日。曇りのち雨。
 今日は終日、市役所での団会議ののち、鶴見区役所へ移動。
 そこで鶴見生活と健康を守る会(略称:守る会)の役員さんと鶴見区の保護課長との懇談に同席。懇談の中身はというと・・・

 生活保護費の支給日、その会場に、無料低額宿泊施設などのNPO団体の関係者が来ていて、保護費を受け取った、その場で支給明細が書かれた紙と保護費が入っている袋をそのまま渡しているのを何人も、守る会の方が目撃!
そんなことを許されるのか?

 保護課長からは「庁舎管理の観点からも、庁舎内での現金のやり取りはしてはならないことになっている。それは厳しく指導していきたい」

 鶴見区内には、NPO団体などが経営する無料低額宿泊施設が4か所あり、また最近は無届施設でアパートを借り上げて施設と同じようなことをしているところが分かっているだけで40か所あり、全部で280人がそういう団体の管理に入っている。それらのほとんどは、東京あたりでホームレスをしている方を鶴見区に連れてきて宿泊施設に入れて生活保護を受給させる。宿泊費や食事代などを含めて受け取る保護費のぎりぎりの金額を毎月請求され、一度それらの施設に入ると基本的には逃げ出せないような仕組みになっている。

 こんな生活保護者を”食い物”にするような貧困ビジネスを許してはいけません。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<【福島視察報告 1】フェイスブックがなければ実現できなかった今回の視察でした・・・ | ホーム | 横浜市内に住む高校三年生あてに自衛官募集の案内が届いていませんか?  ~自衛官募集するために、自衛隊による大量の閲覧記録が横浜にも残っていました>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/07/12(土) 15:35:32 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1622-23824e89