古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市内に住む高校三年生あてに自衛官募集の案内が届いていませんか?  ~自衛官募集するために、自衛隊による大量の閲覧記録が横浜にも残っていました

 集団的自衛権の行使容認の閣議決定がされてすぐに、全国のあちこちの自治体で、高校三年生向けに自衛隊から募集案内が届いたという情報が飛び交った。
 早速、横浜市の住民基本台帳の閲覧記録情報(2013年度分)をみてみると、18区中13区で自衛隊の閲覧記録が残っていた(西・南・保土ヶ谷・旭・瀬谷の5区は閲覧記録なし)。
IMG_5109.jpg
 閲覧者は、「防衛省自衛隊神奈川地方協力本部」で、閲覧理由は「自衛官募集事務」と申請して、区が閲覧を許可している。
 例えば鶴見区では、係る住民の範囲を「鶴見区全域 平成7年4月2日~平成10年4月1日までの間に生まれた者の氏名、出生の年月日、男女の別及び住所」に当たる情報が閲覧され、人数でいうと9091人の名簿が閲覧されたこととなる。
 閲覧する対象を「区全域」としかかかれていない所もあるので類推するしかないが、少なくとも56000人を超える名簿が自衛隊に流出をして、ダイレクトメールが送られているものと思われる。

 つまり、横浜市内に住む(主に)17歳18歳に向けて、自衛官募集案内がダイレクトメールで送られていることとなる。召集令状と重なって見えるのは、私だけでしょうか!?

 
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<生活保護支給日に、区役所内で堂々と集金をしているNPO団体。こんな生活保護者を食い物にしているようなやり方は認められません!! | ホーム | 問題多い新市庁舎計画、白紙に戻して再検討を!! ~「ヨコハマの新市庁舎建設を考えるシンポジウム」を開催しました!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1621-69cc02d6