古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「障害者が安心できる防災対策を!!」 横浜市身体障害者団体連絡会との懇談 ~各団体との予算要望懇談会の様子

 6月25日 水曜日。
 いま、各団体との来年の予算に向けた懇談会を開催しています。
 まずは横浜市身体障害者団体連絡会(浜身連、理事長:平井晃氏)の9つの加盟団体の代表ら23名と、来年度の予算要望に向けての懇談を行いました。横浜市身体障害者団体連絡会は、肢体障害、視覚障害、聴覚障害、脳性マヒ、喉頭摘出、腎臓機能障害、膀胱・直腸障害、呼吸器機能障害などの10の身体障害者団体の集まりです。
P6250004.jpg
 同会加盟の団体毎にさまざまな要望が出されました。特に多かったのは、災害対策についてです。地震などの災害時に、まず助けてもらえるのだろうかという不安、そして広域避難所に避難しても情報が伝わらない、トイレなどに困る、コミュニケーションが取れないなどのそれぞれの障害によって生じる問題に対応できるような対策が取られていません。また、オストミー協会(人工膀胱や人工肛門を装着)の方は、自分たちが用意した装具を耐震工事済みの公共施設の片隅に置かせてほしいという要望に、市から「個人的要望には応えられない」と言って断られたことに、「市はおもてなしの前におもいやりをもってほしい」と訴えました。
聴覚障害団体は、バスに乗るまでと降りてからはガイドヘルパーをお願いできるが、情報を得るためにバスの中でもヘルパーが必要と訴えました。また、車椅子を使っている方は、電動車椅子を載せられるユニバーサルタクシーのために、多くのタクシー運転手がガイド研修を受けれるようにしてほしいと要望。いずれの要望も障害を抱えた方々にとっては切実な要望です。
 大貫憲夫団長は、机上の空論的な発想ではなく、障害者の立場になった障害者施策になるよう要求していきたいと述べました。議会で減災対策推進特別委員会に所属の岩崎ひろし副団長は、今日お聞きした声を特別委員会に生かして、市が本気になって役に立つ防災対策を行うよう訴えていきたいと述べました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<「口腔がんの早期発見・早期治療に向けて検診の促進を!!」横浜市歯科医師会 ~各団体との予算懇談会の様子 | ホーム | 横浜市精神障害者地域生活支援連合会「精神障害者が地域でくらせるための支援の充実を」  横浜市建設労働組合連絡会「建設の現場の担い手育成は急務」 ~各団体との予算要望懇談会(2日目) >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1615-81fc3f81