古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市の市是は、「市内米軍基地の早期撤去」。であるならば、その立場に立って物申すべき!! ~池子米軍住宅建設の具体案が示されました

 6月4日 水曜日。
 午前中に、横浜市会基地対策特別委員会が開かれた。
 その中で、池子の米軍住宅(横浜市域分)についての報告があった。
 今までの計画からの変更点はいくつかあるが、とにかく「住戸数が減ること」が一番の変更点。385戸から171戸への米軍住宅の建設戸数が変更となります。
 減る分には文句を言うことはありませんが、そもそもここに171戸に減ったとは言え新たに米軍住宅が必要なのかという必要性については説明がありません。

古谷「そもそも今までも800戸の計画が700戸になり、その後385戸になり、そして今回は171戸。本当にこの数が必要なのか確認をしているのか?」
市基地担当対策理事「米側から、現在のままの住宅整備戸数のままでは過密であり、居住することとなる米軍人とその家族に適切かつ安全な住環境を提供できないとの認識が示されたので、戸数を減らしたと聞いています」
古谷「そのお答えは、全く回答になっていないでしょ。171戸に建設個数を決めた根拠を聞いているのかと聞いたんです」
市基地対策担当理事「ですから・・・」と同じ回答を繰り返すのみ。
 とにかく米軍住宅を建設する際のアメニティーの向上に大変気を使っていることがよく分かります。
記者発表資料260604_08
 3階建てを2階建てにしたり、専有庭の面積を増やしたり、歩道を拡幅したり・・・。
 また、住宅だけでなく学校や診療所などの付帯設備についても疑問です。
記者発表資料260604_09
 そもそも、建設戸数が変わったのに、改変面積は全く変わっていません。さらに支援施設も全く変わっていません。これはおかしい。171戸のために、小学校がいるのでしょうか?仮に、他の米軍根岸住宅からの引っ越す方を見込んでいると言っても大した数ではありませんし、現に根岸住宅内にある小学校や幼稚園は今月閉鎖予定です。なぜ新たに小学校がいるのかは、全くわかりません

 横浜市は、「市内の米軍基地の早期撤去」が市是です。その立場に立ちきって、相手から、いわれたことをそのまま受け止めるだけでなく、しっかり市是の立場からものを申すべきです。 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<【申し入れ】「未婚のひとり親に対する寡婦控除のみなし適用についての申し入れ」を行いました!! | ホーム | 今年の横浜市の入所保留児童は2384人! ~横浜市政のことがよく分かる週刊市政ニュース「こんにちは 古谷やすひこ です」の最新号>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1603-cc744d65