古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

使われていない横浜市内の米軍基地のいまの状況 ~米軍施設の上瀬谷通信施設と深谷通信所の視察に行ってきました

 11月27日(水)。晴れ。
 今日は、横浜市会の基地対策常任委員会の視察として、横浜市内にある上瀬谷通信施設と深谷通信所の視察に行きました。
 上瀬谷通信施設は、瀬谷区旭区にまたがる242万平米の広大な土地です。現在は、米軍住宅や関連施設は閉鎖されている施設です。普段は誰も常駐していません。基地内に入ると、植物が生い茂っていて放置されている状況。
 これは、海軍兵やその家族向けの体育館だったところです。現在も厚木基地の備蓄庫として使われているとのこと。あの東日本大震災の際の「トモダチ作戦」の時には、この備蓄庫からもいろいろ持ち出したそうです。
IMG_2604.jpg
IMG_2608.jpg
IMG_2609.jpg
 入口のガラスはハデに割れています。中は、写真を撮らせてもらえませんでしたが、トレーニングマシンが散乱して、そのまま放置されていました。
 上瀬谷通信施設の周辺は、現在広場として解放されていたり農地や家庭菜園などで活用されているとのこと。
IMG_2610.jpg

 次に、深谷通信所へ。この施設も、14年前に撤収されて、3年前からは常駐の警備すらいない状況。
 ここも周辺は広大な広場が広がっていたり、家庭菜園に解放されています。
IMG_2626.jpg
IMG_2621.jpg
 これが、通信施設だが、もちろん使われているはずがありません。「念の為に必要だ」ということで、この施設は米軍が持ち続けているようです。
IMG_2623.jpg

 日米地位協定第二条三項にはこうあります。

3 合衆国軍隊が使用する施設及び区域は、この協定の目的のため必要でなくなつたと
きは、いつでも、日本国に返還しなければならない。合衆国は、施設及び区域の必要
性を前記の返還を目的としてたえず検討することに同意する。

 横浜市民がこの広大な土地と緑を享受できるように、早期返還をあらためて求めてまいります。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<17もの公共料金の値上げは許されません!!  ~12月3日から横浜市議会第四回定例議会が始まります | ホーム | 【福島のいま 視察報告 番外】福島の秋、ほんとうにきれいでした!でもやっぱり線量が高いですね。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1525-1e5faced