古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

10代から78歳までが一緒に学ぶ夜間中学校の現場を見てきました!!

 11月14日。
 横浜市は、来年の4月から現在5校ある夜間中学校を1校に絞ってしまう方針を決めました。
 私たち日本共産党の立場としては、集約すべきではないし、必要な広報が足りていないのではないか、また内容も充実するように改善すべきであると考えています。
 夜間中学校の分野で取り組みが進んでいる東京の墨田区立文花中学校(夜間学級)に行ってきました。
IMG_2213.jpg
IMG_2212.jpg
 この夜間学級には、70名以上の生徒が通っています。10代から、上は最高齢78歳まで、文字通り老若男女入り乱れて授業を受けています。国籍も、外国籍の方が9割、日本人が1割です。国別で見ると、圧倒的に中国の方が8割をしめ、その他、フィリピン、ネパール、トルコ、ケニア、コンゴなどなど。
 校長先生以外は、夜間の専門の先生や職員さんです。ですから、夜間の専門の副校長先生がいます。
 夕方5時半から授業は開始し、40分一コマで4時限あります。クラスは、10クラスに分かれ、半分は普通教室、半分は日本語教室になっています。日本語教室も固定的ではなくて、集中的に日本語を学んだ後は、普通教室に移ります。これは、日本語教室の授業の様子です。
IMG_2209.jpg
IMG_2210.jpg
 1時限目と2時限目の間には、なんと給食があります。自校調理された美味しい給食が先生も生徒も一緒に机を囲んで食べます。この日は、私も頂きました。とても美味しかったです。
IMG_2211.jpg
 他にも、時間割の中に「補教/取り出し」という授業があって、日本語教室の一番初歩のクラスにも入れない、途中入学の方を集中的に個別的に授業をして、クラスで授業が受けられるようなレベルに持っていくフレキシブルな授業があります。
 また、4時限目の授業が終わったあとでも、バスケなどを生徒がするように、体育館を解放しています。

 実際、私も3時間授業を見学させてもらい、給食も食べさせていただきましたが、本当に授業の雰囲気が楽しかったです。山田洋次監督の映画「学校」の世界そのものでした。これから、横浜市の夜間中学校のあり方についてどうすべきか、いくつかヒントを頂いた気がします。

 帰りに、最寄りの押上駅で見たスカイツリーは、本当に綺麗でした。
IMG_2215.jpg

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<コンテナが減っているのに、さらに開発を進めようという横浜港の計画はやめるべきです ~横浜市政のことがよく分かる週刊市政ニュース「こんにちは 古谷やすひこです」の最新号 | ホーム | 横浜市に降り注いだ福島第一原発事故の放射性物質がこんな感じでたまり続けています!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1517-fa3c920c