古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜にたまり続けている放射性物質を含んだ下水汚泥焼却灰を処理しているその現場

 10月4日 金曜日。曇り。
 今日は、横浜市内に張り巡らされている下水道施設から最終的には、鶴見区にある北部汚泥資源化センターと金沢区にある南部汚泥資源化センターの二か所の処理施設で下水の汚泥は処理されています。
IMG_1604.jpg
 今までは、日々発生する汚泥を水分を飛ばして、焼却して、灰にしてから、その灰をセメント材料にしたり建設発生土と合わせて、改良土として出荷したりして、100%リサイクル仕組みになっていました。
 しかし福島原発事故以降、汚泥の焼却灰に放射性物質が含まれ、上記リサイクルの仕組みは完全に崩れてしまいました。そのため、北部と南部のそれぞれのセンターには、フレコンバックに800キロの焼却灰を詰めて、コンテナに入れて、積み上げて保管しています。しかし、その保管場所がなくなってきたということで、今後新たに発生する下水汚泥焼却灰については、南本牧の最終処分場の陸上部分に埋めるという方針案を出しました。
 そこで、その現場を視察に行ってきました。
 まずは、鶴見区にある北部汚泥資源化センターの様子。
IMG_1597.jpg
IMG_1599.jpg
コンテナに積める前に保管しているところ。
IMG_1600.jpg
 ここから灰が出てきます。まだ作業前の状態。
IMG_1601.jpg

 次は、金沢区にある南部汚泥化資源化センターの様子。
IMG_1605.jpg
IMG_1608.jpg
 福島原発の映像では見慣れたタイベックススーツで作業に従事しています。
IMG_1610.jpg
IMG_1611.jpg
IMG_1613.jpg
 今は、コンテナに入れる前に、この倉庫に積み上げています。
IMG_1622.jpg
IMG_1615.jpg
IMG_1620.jpg
 作業をしている倉庫内のフレコンバック近くで線量計で測ってみました。
IMG_1626.jpg
IMG_1628.jpg
 
 この視察も踏まえて、来週水曜日に質問をする準備をしている所です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<消防団への期待に見合った予算をつけて処遇改善を!! ~10・7横浜市会決算特別委員会 消防局審査で質問に立ちました! | ホーム | 「運営費で市外に園」「古谷市議が告発」 ~本日付け(10月4日)のしんぶん赤旗・首都圏版で私の昨日の質問の記事が掲載されました>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1499-ce84e130