古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「ウォーターマッシュルーム」や「オオフサモ」と悪戦苦闘、二ツ池公園化に向けて、協同作業会に参加してきました!

 9月22日 日曜日。晴れ。
 いま横浜市は、鶴見区駒岡一丁目と獅子ケ谷一丁目にまたがる地域に新しい公園「(仮称)二ツ池公園」を計画しています。
 「二ツ池は、江戸時代から駒岡村と獅子ケ谷村の潅がい用のため池として、周辺からの湧水や雨水を活用して作られた池です。水田の減少に伴い、昭和45年にため池としての機能は終了しましたが、二ツ池は市内でも有数な多様な生物が生息する豊かな自然的環境が残る水緑空間となっています。このため、二ツ池を公園として保全活用することにより、地域の原風景が残る歴史的かつ自然的な資産を、公園計画を通じて保全し、利用を図っていきます。」(横浜市ホームページより)
 今日は、何度か行っている行政と地域住民・団体との「協同作業会」に、参加をしてきました。その目的は、二ツ池の自然を維持を阻害している外来植物を除去すること。具体的には、「ウォーターマッシュルーム」と「オオフサモ」の除去作業。私は、胴長を着て池に入り、オオフサモの除去作業に参加しました。
IMG_2101.jpg
IMG_1525.jpg
IMG_1526.jpg
IMG_1529.jpg
 普段は入れない二ッ池を隔てている、通称”龍の道”にも入り除去作業。
IMG_1533.jpg
IMG_1532.jpg
 ウォーターマッシュルームの除去作業の様子。非常に地道な作業です。
IMG_1536.jpg
 横浜市内では珍しい植生も見られるこの二ツ池の豊かな自然環境をどう次世代に引き継げるか、そのために行政も住民も一緒になって試行錯誤しながら、まだまだこの協同作業会も続きます。関係者の皆さん、お疲れ様でした。



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<保育所待機児童対策”横浜方式”を検証するために、ある認可保育園の騒音測定に行ってきました!! | ホーム | 【提言】「放射能で海を汚さない」ことを、基本原則として確立する、という当たり前の原則に立ち返って政府は対応すべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1488-198aed1a