古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「もうどうしたらいいか、分からなくて・・・。」アパート住まいの方から大家さんとのトラブルの相談の実際 ~日本共産党の地方議員がやっている相談活動

 7月13日 土曜日。晴れ。
 今日は、銭湯をお借りした定例の生活相談日「峰の湯暮らしの相談会」です。
 番台に座っている●●●さんから、「古谷さん、今日は二件しかないよ」と声がかかります。
 一件目の相談者は、今住んでいるアパートの大家さんともめているとのこと。
IMG_0714.jpg
 今住んでいるアパートが、二年前の東日本大震災で、あちこちガタがきている。
 雨戸が開かなくなったり、窓に隙間ができたり、床が沈んで食器棚が傾いたり・・・。
 「なんとかしてくれ」と大家さんに訴えても、なしのつぶて。代行している不動産屋さんと話しているが埒があかない。
 そうこうしているうちに、あるとき不動産屋さんから「大家さんから来年7月まで家賃を12000円値引くので、それ以降出ていってほしい。ただし、立ち退き料はなしということで。」と言われたそうです。さらに、「今、この条件を飲んでおいたほうが何も勝ち取れないですよ」と追い討ちのような声をかけられたそうです。
「もうどうしたらいいかわからなくて・・・」ということで、相談にこられたそうです。

 どうするか?
 契約書の確認をする、今までの大家さん・不動産屋さんとのトラブルの有無の確認。
 その上で、私からは「住むところの問題っていうのは、毎日のことだから大変ですよね。お聞きした限りでは、大丈夫です。心配しないでください。不動産屋さんのことを鵜呑みにしないでいいですよ。」と話すと、本当にホッとした様子。

 この後は、私が一旦立てた方針を後日弁護士さんとの無料法律相談に入りながら、法的に問題ないか確認した上で、対応していくことに。この日の夜に、法律相談の予約を終えたあとに、お礼の電話が入りました。
 私からは「まだまだ何も解決していません。弁護士さんと相談の上対応して、問題あれば、またご連絡を直接ください」。

 こういった相談が、この日も3件寄せられました。
 すべてを解決することはできないかもしれないけど、とにかく相談された方に寄り添って、対応していきたいと思います。


 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<男二人で「横浜市の待機児童対策の問題について」熱く語る!! ~インターネットテレビ「かながわ発 日本共産党 どうでしょう!?」に出演 | ホーム | 「入れる政党がない」「私に関係ない」「投票しても何も変わらない」「政治家なんて信用できない」っていうみなさんへ ~日本共産党「カクサン」部Presentsの最新のチラシ ぜひ一度見てください>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1455-128d3a8d