古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

御手洗さんが語るキャノンの格言

2月2日 月曜日です。晴れです。
今日は、この土日から続く風邪で、二男三男が調子悪く、終日つきそいをして、家出ゆっくり過ごしました。

今年になってから、今まで積んでおいただけで読んでいなかった本を一気に読んでいます。先月読んだ本は、30冊。今日は、「偽装請負 格差社会の労働現場」(朝日新書)。
4022731435.jpg
その中に、へえ~と思ったのは、経団連会長でもあり、キャノン会長でもある御手洗さんが過去発言していた言葉です。
「終身雇用の問題にしても、日本で現在のような大不況下に社員をリストラして放り出してどうするのだといいたいです。私は企業には責任があると思う。当社にしても人類との共生が企業の理念です。人類との共生というのは、人を大事にしろということでしょう。今、企業が果たすべき社会的責任は雇用です。」この発言は、02年3月26日号の雑誌「財界」での御手洗さんの発言です。
また、御手洗さんによると、キャノンは社員全員に「コンプライアンスカード」というカードの携帯を義務付けている。表には「法律やルールを理解し、これらを遵守します。公正かつ誠実で、倫理的な行動をとります」との宣言があり、裏には自らの行動を省みてもらう為の6つの問いかけがかかれてあるそうです。
「法律・ルールに触れていませんか」
「後ろめたさを感じていませんか」
「家族や大切な人を悲しませることになりませんか」
「報道されても胸を張っていられますか」
「社会に迷惑をかけませんか」
「キャノンブランドを傷つけませんか」

今でも、この問いかけ、御手洗さん自身はされているのでしょうか?


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<寒川町議選支援にいって来ました!! | ホーム | しんぶん赤旗のおススメと新年会まわりで、終日鶴見区内を駆け回りました!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/145-a1942abd