古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

保険料があがったという声が次々と寄せられている!! ~神奈川県保険医協会横浜支部の役員のみなさんとの来年度予算要望について懇談

 6月20日 木曜日。雨。
 今日は、神奈川県保険医協会横浜支部(宮川康一支部長)の役員のみなさんと来年度予算要望について懇談。
P6200016.jpg
 保険医協会の要望は、1.国民健康保険の資格証明書の発行基準を見直し、発行を控えること、2.小児・ひとり親・障害者の医療費助成制度の拡充、3.医業税制の存続を求める意見書を国に提出、4.診療報酬への消費税の「ゼロ税率」適用を求める意見書を国に提出などの5項目です。

 保険医協会事務局員の小野さんから、賃金は上がらないのに国民健康保険料は毎年のようにあがり、ちょっと滞納すると強権的な取り立てを行うのは、市民の受療権を奪うものであると指摘。今年、国保料の算定方式が住民税方式から旧ただし書き方式に変わることによって、2年間の激変緩和措置があるものの大幅に保険料が上がる世帯がでてくることから、恒久的な保険料の負担軽減措置が必要と述べました。

 私からは、、先週から今年の国保保険料確定通知の郵送が始まったのを受け、保険料があがったという声が次々と寄せられていることを紹介。「障害のある母親と2人世帯の年収240万円の60歳の方からは保険料が月7000円から2万円近くに上がった」「子ども2人の夫婦で保険料が月2万上がって5万円になった」「年収260万円の方は70%増の26万7000円になった」などです。

 また、国保料の旧ただし書き方式の変更により扶養控除や障害者控除などが考慮されなくなるため、扶養家族が多い世帯や障害者がいる世帯では影響が大きいが、実態をよく調べて軽減措置を取るよう、市に訴えていきたいと述べました。
P6200023.jpg

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<パネルでも示しながら「横浜市の保育所待機児童対策について」語りました! ~自民党草間議員がキャスターを務めるインターネットテレビ「日の出テレビ」に再び出演 | ホーム | 自民党席からも「そうだ」の声がとんだ「横浜市常勤特別職職員及び一般職職員の給料及び手当の臨時特例に関する条例」 についての質問>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1434-bd83ea91