古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「なぜ私の子どもは待機児童にカウントされないのか?」 ~横浜市の待機児童ゼロについて、区に寄せられた市民からの苦情の声

 6月17日 月曜日。晴れ。
 鶴見区(横浜市)の保育所待機児童数についての資料と説明が、鶴見区選出議員団会議でありました。
 たしかに待機児童はゼロとなりました。もちろん、関係された方の多大な努力があったことと思います。しかし実際、認可保育所に入りたいと願っていて入所できなかった方は268人います。
フル ページ写真_03
 担当部長からは(待機児童の問題については)区にもたくさん問い合わせが来ている、との報告がありました。
「私は待機児童ゼロだから、どこでも入れると思ったのに入れなかった」
「なぜ私の子どもは待機児童にカウントされないのか?」
「認可園に入りたかったのに入れなかった」
などの声が区役所には寄せられているとのこと。また、保育園からも、保育士確保には苦労していることも聞いています、とのこと。
 こちらからも、障害児で入れない方のケースや、カウントの中にある「育休関係」というのは、実際は待機児童に間違いないので、しっかり対応をしたいとの意見が相次ぎました。
 また、園庭の面積緩和を受けた保育園が増えたため、公園が混んでいいて、一般の方が使いにくくなっているという苦情の声や、行事を園で行えないために小中学校の体育館に頼むがこれも順番待ちの状況があることなどの声から、ぜひ実態をつかむように努力して欲しいと訴えました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<【情報】子宮頸がんワクチン接種の勧奨を国がやめたことを受けての横浜市の対応 | ホーム | 前日から準備万端で用意してくれた、私への「父の日プレゼント」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1428-22aba85b