古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

自民党・民主党・公明党・みんなの党が賛成できなかった横浜市議会の”幻”となってしまった橋下 大阪市長への非難決議案

 5月30日 木曜日。くもり時々雨。
 今日は、横浜市議会第二回定例議会の最終日。
 実は、この日に向けて、ある意見書を議会として出そうと、各会派に投げかけていた意見書がありました。それは、橋下 大阪市長の慰安婦発言への非難の意思を議会としても、しっかり意思表明しようというもの。
 しかし、横浜市議会の5つの交渉会派のうち、私たち日本共産党以外の、自民党・民主党・公明党・みんなの党は、この提案にのれないとのこと。その理由は、「十分に共通認識にする時間がない」との時間的制約が理由でダメとのこと。逆に、無所属クラブからは、「もっと具体的に彼の発言を非難してもいいのではないか」というご意見も・・・。
 地元大阪市議会でも問責決議がでて、東京の千代田区議会でも、シンプルだが力強い決議が全会派一致して出されました。その千代田区の決議文を参考にした、幻となってしまった横浜市議会としての橋下 大阪市長の慰安婦発言への決議文は、以下の通り。
 この決議文案を二日前には、各会派に提示してあったんです。それなのに、時間的制約だけが問題であったのであれば、いくらでもやりようがあったはずです。本当に残念です。
030 【資料3】慰安婦決議(案)_01


 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<「横浜『待機児童ゼロ』をみる」 ~最新のしんぶん赤旗日曜版に記事が掲載されています | ホーム | 【視察報告】ちょっとショッキングな保育の現場です!! ~首相が絶賛した”横浜方式”(横浜市の保育所待機児童対策)の現場を視察>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1410-8c97a7d8