古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

【視察報告】ちょっとショッキングな保育の現場です!! ~首相が絶賛した”横浜方式”(横浜市の保育所待機児童対策)の現場を視察

 5月27日 月曜日。晴れ。
 今日は、先日の一般質問で林市長に直接質問をした横浜市の保育所待機児童対策での弊害をさらに、調査するため、市内の保育園5ヶ所を荒木議員と柴田 市長候補と視察してきました。
 まずは、京浜急行の高架下にある認可保育園へ。すると、文字通り、高架下にあるフェンスで囲まれた園庭にびっくり。陽が当たらないうえ、騒音・振動が激しく、しかも橋脚が太いため死角だらけの園庭。園内に入っても、二重サッシになってはいるものの、振動は、かなりのものです。ここで0歳から5歳まで過ごす環境としては、いかがなものでしょうか?
IMG_1534.jpg
CIMG9735.jpg
 次に、園庭のない3階建ての認可保育園へ。ここは、園庭がないと聞いていたものの、実は快適なウッドデッキが広がっていて、その中に砂場まであります。屋上も綺麗で、遊具もあります。各階には、足洗い場からトイレまで、子供たちの動線に従って、現場で考え抜かれた設備が揃っています。
CIMG9752.jpg
CIMG9764.jpg
 次は、車内からみた、ビルの1階部分を活用した認可保育園。外から見ても、園庭の狭さは気になります。
CIMG9767.jpg
 次も車内からですが、これは立派な保育園です。園庭も広く、駐車場も広い。これも同じ認可保育園です。
CIMG9770.jpg
 次は、関内の馬車道にある5階建てビルにある保育園。ここは、3階までが保育室。4階が調理室。5階がフロア。屋上に出てみると、周りはここ以上に高いビルに囲まれているのが分かります。その屋上には、年季の入った遊具があります。
CIMG9777.jpg
CIMG9774.jpg
CIMG9786.jpg
 ここで気になったのは、園庭のない認可園は、横浜市の設置基準によれば、近隣に概ね子どもの足で5分程度のところに公園等があることとなっていますが、ここの保育園からは、子どもの足で、10分から15分ぐらいはかかるところにしか、公園がないということ。その上、この辺は道路幅が広いので、一回の信号ではわたりきれないこともあって、保育士さんが身を挺して園児を守っているとのこと。
 こういうところは、仕方のない現実があるのかもしれませんが、そのひとりひとりの子どもにとって、そのかけがえのない時間をどこで過ごすのかは、重要な問題だと思います。

 以上、とりあえず駆け足の視察報告となりましたが、いずれも横浜市のれっきとした認可保育園です。これから秋の議会に向けて、現場の視察と資料請求・分析をしながら、第二弾の質問を準備していきたいと思います。  




にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<自民党・民主党・公明党・みんなの党が賛成できなかった横浜市議会の”幻”となってしまった橋下 大阪市長への非難決議案 | ホーム | 鶴見で、200軒超の立ち退きを迫るような無謀な都市計画道路の計画があるのをご存知ですか?  ~都市計画道路岸谷線の住民報告会に来賓として参加>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1409-87fc60be