古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市の待機児童ゼロの裏には、カラクリが・・・   ~5月23日(木)の横浜市会本会議で明らかにします

今日の午前中から、横浜市役所はマスコミの方がたくさん来られ、新聞・テレビでも、繰り返しニュース映像が流れました。それは、「保育所待機児童をゼロ」にしたことについて。
 これには、いくつかのカラクリがあります。ちょうど、今週木曜日(5/23)に、横浜市会の本会議で、直接林市長に対して質問をする準備をしているところで、今日の報道がありました。
 簡潔にいうと、
  ①数え方の問題(下記の毎日新聞にも後半に出ています)
  ②株式会社が保育に参入することの具体的な問題点
  ③監査体制のゆるさ
  ④保育の質を担保する指導ができていない
などなど、一つ一つ問題がありますが、具体的問題点の指摘は後日。いまはともかく質問準備をしっかりして、情報発信していきます。

待機児童:3年で「ゼロ」に 人材確保など課題も 横浜市
毎日新聞 2013年05月20日

 横浜市は20日、現在の形で統計を取り始めた2001年以来初めて、4月1日時点の保育所待機児童数がゼロになったと発表した。市の人口は全国の市町村でトップの約370万人。待機児童は10年4月時点で1552人と全国最多だったが、認可保育所増設やきめ細かな情報提供に取り組み、3年で解消にこぎ着けた。一方で、定員割れや保育士不足という課題も浮上しており、現場は「より良い保育環境に向けたスタート地点」と受け止める。【高木香奈、山田麻未】

 横浜市は10年以降、株式会社などの新規参入を活用したほか、民有地と保育運営事業者を公募して仲介する土地マッチングの手法を導入。認可保育所を144カ所整備し定員を1万人以上増やした。

 11年6月以降は、個々の保護者に応じ多様な保育サービスについて情報提供する専門相談員「保育コンシェルジュ」を全18区に配置。待機児童は12年4月に179人にまで減っていた。

 12年4月時点の全国の保育所待機児童は前年比で731人減の2万4825人。安倍晋三首相は横浜市の取り組みを全国展開すると表明している。

 横浜市によると、4月1日時点の就学前児童19万106人(前年比1664人減)のうち認可保育所の入所申込者は4万8818人(同3111人増)。入所できなかったのは1746人(同629人減)だった。

 ここから市の定義に基づき(1)市が独自基準で認定し補助金を出す認可外施設「横浜保育室」などの入所者数(877人)(2)4月1日時点で親が育休を取得している児童数(203人)(3)特定の保育所のみ希望する申込者数(566人)(4)親が自宅で求職中の児童数(100人)−−を引いた結果、待機児童がゼロになった。

 横浜市の林文子市長は記者会見で「多くの熱意が結集して達成できた。これからも潜在的なニーズに応えるため整備を行い、子育て支援の充実に取り組みたい」と話した。
001.jpg

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<横浜の待機児童ゼロ「横浜方式」の問題点  ~横浜市政のことがよくわかる週間市政ニュース「こんにちは 古谷やすひこ です」の最新号 | ホーム | 建設現場が若者にとって魅力ある職場になるように!!  ~横浜建設一般労働組合鶴見支部の定期総会に来賓として参加>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1399-c232f7af