古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「ベビーカーはどこを通ればいいのか?」をテーマに、局の垣根を越えて現場で検討しました! ~鶴見区の矢向第一陸橋のバリアフリー化を目指して 

 4月16日。
 午後から、地元の鶴見区矢向にある、矢向第一陸橋の現場へ。
CIMG9210.jpg
 ここは、長年地域のみなさんから、エレベーターの設置の要望が出されているところです。
 尻手駅から矢向2~6丁目の町が広がり、この陸橋をはさんで、矢向1丁目と江ケ崎町があります。
 この矢向地域全体が、鶴見区内のなかでも人口急増地域です。特に、矢向1丁目と江ケ崎町は、中小の向上が撤退しどんどん宅地開発が進んでいる地域です。さらに、特別養護老人ホームが3箇所、障害者施設が1箇所、小学校・中学校・保育園・学童施設などが急速に整備されてきた地域です。
 そんな地域の中で、この矢向第一陸橋は、車中心の道路で、歩道がほとんどなく、側道からの階段のみの状態。
CIMG9217.jpg
CIMG9218.jpg
CIMG9212.jpg
 ベビーカーや車椅子、足の不自由な方は、一体どこを通ればいいのか???
 そのために、日頃からこの橋を使っている地元の方々と、市当局からは、道路局橋梁課、鶴見土木事務所、健康福祉局福祉保健課のそれぞれの立場から、解決法を探るということで、一同に集まっていただきました。
CIMG9221.jpg
CIMG9223.jpg
CIMG9234.jpg
CIMG9236.jpg
CIMG9238.jpg
CIMG9246.jpg
・この辺にエレベーターは設置できないだろうか。
・この辺に斜路を作ってはどうか。
・陸橋に沿った形での張り出し歩道を作れないだろうか。
・既存の階段を再整備して、エレベーターを組み込めないだろうか。
などなど、いろいろアイデアを出し合いました。

 今回で結論にはもちろん至りませんが、現場にみんな集まって、地元の方の意見を聞きつつ、現場を見て、検討する場をもてたというのは、非常に有意義だったのではないかと思います。引き続き、検討を続けていきたいと思います。
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<ぜひ見てみてください。県内でも最低レベルの小児医療費助成の実態。横浜市は最低レベルの水準です ~横浜市政のことがよくわかる週間市政ニュース「こんにちは 古谷やすひこ です」の最新号 | ホーム | 地元住民は望んでいない都市計画道路岸谷線は要りません ~恒例の道路局交渉を行いました>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1364-28757062