古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

地元住民は望んでいない都市計画道路岸谷線は要りません ~恒例の道路局交渉を行いました

 4月16日火曜日。晴れ。
 今日は、鶴見区の生麦地域岸谷地域の地域住民で結成されている「都市計画道路岸谷線と大気汚染を考える会」と「生麦の高速道路と大気汚染を考える会」の役員の皆さんが、毎年行っている道路局への要望に同席させていただきました。
IMG_1383.jpg
 要望に際して、岸谷の柳町町会の会長から「岸谷生麦線が建設が進んでいて、その上岸谷線はいらない。無駄遣いではないか。それでもどうしても進めるというのであれば、市長自らが現場をみて、地元の町内会館で市長自らが地元住民に説明して欲しいと思います。」
 要望事項の読み上げ後、参加者から重ねての要望・意見が寄せられました。
・「岸谷のコミュニティーセンター用に市民局が取得している土地も、岸谷線用地となってしまっているのは、どういうことなのか?」
・「岸谷小学校などの児童への喘息対策はやっているのか」
・「商業施設や物流センターが出来るときでさえ、交通量の問題などのシュミレーションをするのに、なぜ岸谷線では行わないのか?」
・「トンネル部分は、排気ガスや粉塵の対策がきっちり取られているが、高架部分の対策は皆無で、この部分の排気ガスや粉塵が何の処理もされないまま、宅地に流れ出してしまう。」
・岸谷線の位置づけについて、従来は小型道路の説明がされてきたが、今は普通道路の検討がされているというのは、どういうことなのか?
などなど。

 後日、個別の要望事項への回答が出され、その住民説明会が(前述の両方の)「会」の主催で、5月に生麦地域と岸谷地域でそれぞれ行われます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<「ベビーカーはどこを通ればいいのか?」をテーマに、局の垣根を越えて現場で検討しました! ~鶴見区の矢向第一陸橋のバリアフリー化を目指して  | ホーム | 【情報】横浜市の緊急風疹対策 ~風疹の流行が止まらない>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1363-d0dca890