古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

住民による自治を尊重する取り組みを実践している新潟市 ~長野・新潟への自然エネルギー等の議員団視察報告 その四

 長野県飯田市・下條村に続いて、新潟市へ移動。
 新潟市の「にいがた自治体研究所」でお話を伺いました。
P3300015.jpg
・新潟市は2007年に政令指定都市になった際に、行政区毎に区自治協議会を設置し、住民による自治を尊重する取り組みを行っています。また、もう少し身近な単位での地域コミュニティー協議会も運営されており、多様な方法で住民意思を取り上げていこうとしています。
・「分権型の政令市」を目指し、区長に大きな権限を与えることなどをはじめ、”大きな区役所”を指向。
・こうした分権の仕組みを自治基本条例として、条例で定める。
・地域にとって大問題である、小中学校の統廃合などについては、行政側の意向と地域コミュニティー協議会の意見が真っ向からぶつかることも。
・区自治協議会からの「建議・意見書」の扱いは重く、仮に市長と地域協議会の意見が異なった場合、慎重な対応が求められ、真っ向から反する場合、市長はその意見に従わないことについて十分な説明責任をおう。

 横浜市は、日本一の人口を抱える政令市であるがゆえに、多様な住民意思を行政運営の中でどう反映させるかは大きな課題。横浜市も、大阪都構想の向こうをはって、県から独立して特別自治市を目指すとしていますが、何のために目指すのか。それよりも、もっと足元から固めていくほうが、市民のためになるのではないでしょうか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<爆弾低気圧での土砂流出の被害現場の様子 ~緊急に市内全域で点検が必要です | ホーム | 子育て支援に投資をして人口が増えた村を視察 ~長野・新潟への自然エネルギー等の議員団視察報告 その三>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1354-283e70a5