古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

子育て支援に投資をして人口が増えた村を視察 ~長野・新潟への自然エネルギー等の議員団視察報告 その三

 翌日は、飯田市の視察に続いて、その近隣にある下條村へ。
 全国から視察が相次いでいて、町村レベルの視察を優先的に受けているということだったので、日本共産党の串原村会議員から、説明を受けました。
CIMG9106.jpg
・全国でもトップクラスの健全な財政運営(全国で4位)。
・生活コストの削減を図るため、70~75歳の医療費自己負担分の3割助成、75歳以上は5割助成を実施。
・村営住宅の整備を促進、家賃を市価の半値に抑える。特に若者の専用住宅なども積極的に整備。
・子育て世代を村に呼び込むために、子どもの医療費を高校生まで無料。保育料の値下げ。結果、14歳以下の人口比率は16.4%と県内トップに。人口は増加、この10年で小学校は二学級、中学校は一学級増えた。
・下水道事業は、合併浄化槽方式で、事業費を削減。
・村道や農道などの整備補修など200万円以下の事業費のものは、村としては整備せず、資材を提供するという方法に。
P3290005.jpg
 そして、村営住宅を視察。
P3290010.jpg
 村が資材を提供し、住民が自ら整備した農道を視察。
CIMG9110.jpg
P3290014.jpg
 
 どこにお金を配分して、村の未来を形作っていくのか?この下條村も試行錯誤の中で、大きな公共事業を進めていくという方向性よりも、村に住む人に着目してお金を投資していくという流れにしていくことの実践をみさせてもらいました。

(続く)

  
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<住民による自治を尊重する取り組みを実践している新潟市 ~長野・新潟への自然エネルギー等の議員団視察報告 その四 | ホーム | 画期的!信号機のない交差点「ラウンドアバウト」を体験! ~長野・新潟への自然エネルギー等の議員団視察報告 その二>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1353-440b4a1a